日銀がマイナス金利の導入を決定!今こそ資産運用を始めるべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1月のサプライズイベント

日銀が、マイナス金利を導入したことで1月29日の今日、

株式市場も為替市場も非常に大きく動きました。

もっとも、マイナス金利を適応するのが日銀に預けている当座預金の一部と

限定的であったため、その後株価を大きく下げました。

終値としては、そも下がった株価分も戻しての引けでしたが

さて、今後の私たちの生活はどうなるのかが一番気になるところです。

 

マイナス金利を導入したということは、お金を貸す銀行としては

ただ預けておくだけで金利が付いたものが寧ろ金利を払わなければいけないということなので

リスクをとることを促されるということです。

つまりは、お金を貸す、融資をすることで利益を得るように仕向けられているわけです。

つまり、今後の変化の第一としては、お金が(多少)借りやすくなるという点が挙げられます。

 

お金なんか借りないよという方、いえいえ

銀行からお金を借りるということがピンと来ない方は、「住宅ローン」などが一番身近かもしれません。

住宅ローンは、銀行からお金を借りて家を買いますよね。

そして、銀行には借りたお金を利子をつけて返済していくわけです。

その金利は大体1%くらいでしょうか。(サービスの良いところだともっと下がるかもしれません)

究極的な話、マイナス金利というのは、日銀に預けるくらいなら利子は要らないから

お金を借りてくれた方が、銀行としては儲かるのです。

もっとも、その程度の「儲け」では銀行の経営は成り行きませんから流石に0%ということは無いと

思いますが、それでも今後、銀行から融資を受けるときには多少有利な条件で

受けることができるようになるかもしれません。

ともすれば、銀行同士で借りてくれる人を探すために競争になってくれると

サービスを受ける側としては面白い話ですよね。

 

さて、銀行から少し視点をずらして、今挙げた住宅ローンで儲かるのは銀行だけでしょうか?

家を売る不動産業も儲かりますよね。

ということは、今後不動産株を仕込んでおけばマイナス金利の意味が国民に浸透しだし

住宅ローンを組む家庭が増えると、大きく成長する見込みがあります。

 

今、市場での投資家の反応は

「お金を貸す相手が居ないのに、マイナス金利を導入してどうするんだ」

という反応が多いと思います。

ですが、銀行がお金を貸すのは企業や起業をしたい人ばかりでなく

家を買うだとか、大きなお金が必要なローンを組むときにお金を借りるのです。

そんなときに、一番貸し出しやすいのは住宅ローンです。

 

目下、今年の注目株は「不動産」関連株ということになるかと思います。

今、市場は冷え切っており株を仕込むうってつけのタイミングです。

余剰資金があるのでしたら、不動産関連株を仕込んでおくと面白いと思いますよ。

 

そして、当然のことながら今年も円安を維持という流れでしょう。

レバレッジに気をつければ、今年の上半期だけでも相当稼げます。

次回のFMOCまでの間に、一度ドル円が下がったならばそこが買い時ですので

チャンスを逃さないように仕込んでおきたいですね。

今年は、資産運用でしっかり稼ぐぞ!

 


こちらは、今最大20000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているので

口座開設をしてお小遣い稼ぎをしたい方にもオススメできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*