エコ通帳に切り替えることのメリットは?【三菱東京UFJ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

切替えを推奨している

三菱UFJ銀行(三菱東京UFJ銀行)ではエコ通帳(eco通帳)といって、紙の通帳から電子通帳への切替を推奨している。また、定期的にエコ通帳への切替えによって「500円プレゼントします」というように、キャンペーンを開催しているので、そういったキャンペーンを実施したタイミングで切替えをすると良いだろう。

通常、インターネットバンキングに登録して使うだけだと、過去2か月分の明細しか見ることができない。

紙の通帳のままであれば、それまでの取引が全て記載されている。であれば、電子通帳に切り替えることにメリットを感じないかもしれない。

私の場合は余りにも長期間取引を記載していなかったため、1ヶ月間の出金と入金が纏めて記載されてしまったということがかつてあったが、それは置いておいて、そういう例外を除けば紙の通帳には基本的には自分の過去の取引を確認することができるという安心感がある

エコ通帳のメリットは何か

紙の通帳には安心感というメリットがある。では、エコ通帳のメリットは何があるだろうか。

最大のメリットは管理のしやすさだ。

今、三菱UFJ銀行の口座で入出金をしようとすると

  1. 「通帳」
  2. 「カード」
  3. 「セキュリティカード」(裏が乱数表になっているカード)
  4. 「ワンタイムパスワードクーポン」(電卓みたいな形でパスワードが送られてくる機械)

の4つを管理していることだろう。どれも小さい小物なので、基本的には管理のストレスは余りない。ここでいう管理のしやすさというのは、家計簿としての機能の事を指す。

私は、普段電子データで家計簿を作成している。

なので、紙の媒体よりも電子データでまとめて管理できてしまう方が私としてはありがたい。

エコ通帳は最長2年間(25ヶ月)の取引の明細を記録してくれ、なおかつそのデータをダウンロードすることができる。

2年に1度とまでは言わずとも、ある程度のまとまった期間でダウンロードして家計簿に記載するということをずっとしている私としては、管理が非常に楽になってうれしいサービスである。

後は、取引が多い人にとってもエコ通帳はありがたいサービスである。

先ほど少し述べたとおり、余りに取引の量が多いと1か月分の取引を纏めて記載されることがある。

そうなると困るのは、ヤフオクなどで副業をしていると取引量が非常に多くなる人だ。入金確認に行ったが、纏めて記載されてしまってはちゃんと入金されているのか分からない。

そんなことになっては非常事態だ。

副業に挑戦する前にeco通帳への切替を済ませよう

当ブログでは、副業の具体的な方法について解説記事を掲載している。

>>ヤフオク毎日くじを利用して稼ぐ方法

>>MTG(Magic:The Gathering)で副業をする方法【ガイドライン】

通帳の記帳・消費が激しくなるので紙の通帳の管理よりも、電子データでの管理にした方が事故を減らせる。エコ通帳、便利だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください