携帯電話やスマホの料金を見直すだけで大学の学費が全てまかなえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「塵も積もれば山となる」を理解・実践できている人は少ない

今でこそ、携帯電話やスマホの料金の節約に関する記事は巷間にあふれるようになりましたが

未だにその節約効果を甘く見ている人が非常に多く存在しています

この記事を閲覧している人は、「スマホ 節約」などのワードで流れついていると思うので

そういったことに少なくとも関心がある、もしくは既に実践しているということですから

釈迦に説法ではあるのですが、もし貴方の周りにまだスマホの料金の見直しをしていない人が

いらっしゃるのでしたら、この記事で触れた内容を教えてあげて

少しは興味を持ってもらうようにしていただけると幸いです。

 

家計で異常に支出を占めている通信費

さて、携帯・スマホ料金は家計で言うところの通信費にあたるものですが

節約を一切していないポンコツさんはこれに1人当たり月8000円程度支払っています

今、日本は1世帯当たり3,4人が主ですから仮に3人の世帯だとすると

通信費に月24000円を支払っているという計算になるわけです。

 

さて、この通信費ですが格安スマホを活用すると1人当たり2000円以下に抑えることができます。すると、3人世帯の場合の通信費の支出は6000円程度ですから、

3人が通信費の見直しをすると1カ月あたり18000円の節約をすることができるということになります。

 

さて、1カ月あたり18000円の節約の効果がありますよ、と説明をしても

ポンコツさんは大して驚きも興味も示しません。

 

それは、この1カ月あたり18000円というのがどれだけ大きな数字なのかということを理解していないからです。

 

月18000円の節約の効果を例で考える

3人世帯の場合で考えてみましょう。父、母、子の場合です。

子供は中学生くらいに上がると、自分の携帯電話、あるいはスマホを欲しがることでしょう。

さて、その子が中学に上がってから大学を卒業するまでの10年間キチンと節約をした場合

18000円×12月×10年間=216万円

これだけの金額を節約することができるのです。これは本当にとんでもない数字です

なぜかというと、2016年6月の時点で日本の国公立の入学金と授業料は平均して

入学金:28万2000円

授業料:53万5800円

ですので、卒業までにトータルで214万3200円が必要になるのですが

スマホの節約によってそのすべてをまかなうことができるという計算になるのです。

 

学歴が重要とされている、昨今、スマホの料金の支払い方法を

きちんと節約すると、大学の入学金から授業料まで国公立程度の学費であれば

そこから全てを捻出できるというのは、普通に考えれば凄いことです。

 

勘違いしないで欲しいのは

私は、スマホを解約しなさいという話をしているわけではありません

8000円を支払ってスマホを利用しても、2000円でスマホを利用しても

受けられるサービスは同じです。

その差額6000円に、その分のお金を支払う価値があるかを考えたとき

一般的な使い方をしていれば「無い」という結論になるはずです。

受けているサービスに対価を払うのはごく自然なことですが、

受けていない・価値の無いサービスにお金を支払うのは異常なことです。

1ヶ月のスマホの利用状況を思い返して、もし自分がそれほどのサービスを受けていないと

思ったのなら、すぐにでも節約を始めるべきです。

 

節約のプロセス

今、既にスマホを契約しているものとして

節約するためにはどのプロセスを経れば良いかを解説します。

  1. mineoと契約をする。
  2. 貯金用の口座を開設する。

 

この2つで節約のプロセスは完了です。では、それぞれのプロセスの肝を説明します。

 

mineoと契約をする

格安の料金でスマホを使えるようにする手続きです。

私は以前、auでスマホを使っていましたが今はmineoと契約をしてスマホを使っています。

さて、auからmineoに契約を移す際に気をつけておかなければいけないことは次の3点です。

  • 電話番号はどうするか
  • メールアドレスは変わる
  • 今使っているスマホがmineoで使えることを確認する

実は、多くの人は電話番号やメールアドレスが変わることに強い抵抗があるため

2の足を踏んでいるとうい事実があります。私に言わせれば、

今使っているメールアドレスに月6000円の価値は無いと思っていますのでさっさと変えてしまえば良いのにと思いますが。

 

さて、電話番号ですがMNPを利用してmineoに移れば、同じ電話番号のままmineoに移ることが出来ます。

次に、メールアドレスですがこれは変更することは覚悟しなければいけません

mineoから変わりのメールアドレスが貰えますが、もし差し支えないならこれを機にgmailなどのほぼ永久的に使えるメールアドレスにシフトするべきだと思います

 

mineoよりも良いサービスが登場した場合、会社をまた移ることになりますがそうするとまたメールアドレスを

変えることになります。これは避けられない事です。

ですが、gmailなどのサービスをメインで活用しておけば会社を変更してもなんら問題なく利用することが可能です。

後は、実際に使う際にスパムメールを弾く能力がgmailが群を抜いて高いです。

auやsoftbankなどの迷惑メールフィルターは非常にお粗末でとてもではないですが使用に耐えません

最後に、今使っているスマホがmineoに対応しているかどうかですがmineoのウェブページで確認をすることが出来ます。

 

さて、以上の点について考えがまとまったら早速料金プランを見てみましょう。

mineo_ryokin

表を見ると、シングルタイプなら5GB、デュアルタイプなら3GBまでで月2000円以下の利用が可能になります

 

さて、シングルタイプとデュアルタイプの違いを簡単に言ってしまえば電話を使うか使わないかです。

ですが、現在、シングルタイプでもskypeやlineの通話アプリを使うことで通話をすることは可能です。

要するに、電話をわざわざ使うメリットは現状、無くなりつつあるのです。

ですが、どうしても電話をかけることが多いという人もいると思われます。

そういう方は、デュアルタイプで契約をしても良いと思います。

なお、mineoでは電話の通話料金は少し割高に設定されていますので、その点には注意をしてください

 

さて、私は今mineoをシングルタイプの1GBを3年ほど利用していますが特に問題なく活用できています。

1ヶ月800円ですので、auで契約していたときの10分の1で利用できていますので非常に家計が助かっています。

 

貯金用の口座を開設する

次に、貯金用の口座を開設しましょう。

断言しますが、月に18000円の節約をしてそのまま銀行の口座に預けていたら必ず使ってしまいます。

人間は、口座にお金があるならあるだけ使う生き物です

節約できた分は、別の口座に突っ込んで放置しておきましょう。

とりあえず突っ込んでおいて放置するという使い方で

オススメなのは新生銀行です。

  • 預けたお金を預ける際、引き出す際にTポイントが溜まる。
  • 手数料がかからない。

というメリットがありますので、こつこつ貯めるのに便利な銀行です。

shinsei_bank

紹介コード「K1746059」を入力して口座を開設し

2016年8月31日の21:00時点で、円普通預金の残高を3万円以上にしていれば

口座に1000円のキャッシュバックがあります

ただの預金にキャッシュバックがついてくるわけです。

 

ところで、新生銀行の口座開設はポイントタウンの案件にもなっています。

ポイントタウン_新生銀行

 

ポイントタウンを経由して、紹介コード「K1746059」を入力し、口座を開設すれば

ポイントと現金を全て手に入れることが出来ますので、ご活用ください。

 

記事のまとめ

長い記事となってしまいましたが、要点をまとめると

通信費は、非常に高い。どれ位高いのかというと、

中学入学から大学卒業までの間、何の節約もしなかった場合、

大学入学から卒業までの資金全てをまかなえてしまう位高い。

 

通信費の節約は、契約する会社を乗り換えるだけの簡単な作業なのだからやらない理由は無い。

お金を浮かせたら、貯金用の口座に突っ込んでおき、自分では引き出さないようにする。

mineoや新生銀行は、今利用するとキャッシュバックを受けられるキャンペーンを実施しているから

これを機会に是非、活用して欲しい。

 

以上になります。無駄遣いをなくしていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりはら より:

    少し前ならばキャリアのmnpを利用して利益を出すことすら出来たんですけど今は

    1. riemann より:

      きりはらさん
      コメントありがとうございます。
      そうですね、各社がこぞってキャンペーンを打ち出していましたからね、1人で何回線も契約して
      それを転がして一山当ててる人の話なども聞いたことがあります。
      私はその頃は、そういったことに無知でしたので
      チャンスを逃してしまいましたが・・・

コメントを残す

*