書籍を安く買う方法まとめ2016年版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

それでも紙の本が好き

電子書籍が流行り始めていますね。場所を取らないし、紙の本よりも少し安い。

劣化の心配も不要で、タブレットなどを買い替えても改めてダウンロードし直せば良い。電車の中で読むときも、背表紙を周りに見られて何を読んでいるのかがバレてしまうのが恥ずかしいというシャイな人にとっても電子書籍というのはありがたい存在なのかもしれませんね。

財テク・節約方法を紹介しているこのブログなら当然、紙から卒業して電子書籍で本を読んでいるのだろうと思われるかもしれませんが、私は未だに紙ベースで本を読んでいます

実は、挑戦したことはあるんです。電子書籍に全く触れたことがないわけではありません。手持ちのiPhoneで電子書籍をいくつか読んでみたことがあるのです。

確かに、荷物は軽くなるし字も思ったほど見づらくないのでいいかなと思ったのですが私が使っているデバイスが古いせいか、バッテリーの消費が激しく長く読むことができないという不満がありました。

もう1点は、液晶画面などは長時間見ていると私の目が耐えられないという点です。ですが、この2点の不満についてはデバイスを買い替えれば済む話であることと、今もPCなどで字を沢山読んでいるのでそう変わらないという実情を考えると電子書籍を敬遠する理由にはなっていないように思えます。

もう少しコンテンツが充実してきたら、いずれは私も電子書籍デビューをすることになるかもしれません。

電子書籍よりも紙の書籍の方が便利な本は?

さて、新しい本を読むとき皆さんはどのような媒体で手にすることが多いですか。コミックなどの巻数が増えると保存する場所もとるようなものについては、もうすでに電子書籍に切り替えている人も多いかもしれませんね。

ですが、理学書や専門書のような場合はまだ電子書籍化されていないものも多く基本的には紙ベースで手に取ることの方が多いのではないですか

私が、学生の頃は論文などはpdfファイルでダウンロードできますが複数のページを行き来したり手で書き込みをするために印刷して読むという方法を取っていました。

紙ベースは電子書籍と比較するとそういったことに優位性がありますよね

いずれ、様々な書籍が電子データ化されれば理学書や専門書なども自分で印刷をして使うようにすることでトータルコストは安く抑えられるようになるでしょう。そうなってきたならば、私もいよいよ電子書籍デビューができるようになります。

書籍を安く手に入れる方法

では、今回の記事の本題に入ります。紙の書籍を一番安く手に入れる方法はどのようにすればよいでしょう。オンライン書店にしても、実店舗での本屋、大型書店にしても実に多様なサービスを展開しています。その中でもトップクラスに還元率、値引率が高いものを紹介します

大学生協は10%OFF

まず、ぶっちぎりで安く仕入れることができるのは大学生協を利用する方法でしょう。

大学生協に加入して、そこで書籍を購入すれば書籍は10%OFFで購入することができるようになります

さらに、大学生協では図書カードを利用することができます

(利用する大学ごとに確認は取ったほうがよいでしょう。)

図書カードは大黒屋などの金券ショップでは95%で購入することができます。大黒屋では現金での支払いしかできません。

さて、総括すると

図書カード(現金で購入)+大学生協の組み合わせで購入すると

95%×90%=85.5%

つまり、85.5%で購入することができます値引率は14.5%です。

大学生は、講義で使うテキストなど高価な本を購入する機会が多いため生協の果たす役割は大きいですね。

さて、図書カードの購入方法ですが、近所に大黒屋が存在しない場合、あるいは95%で売っている金券ショップが存在しない場合があります。その場合は、他にどのような入手手段があるでしょうか。

入手手段の一つとしてヤフオクを利用する方法があります。

ヤフオクは当ブログでも副業を紹介していますようにプレミアム会員に登録をして利用している方も多くいらっしゃると思います。

>>MTG(Magic:The Gathering)で副業をする方法【ガイドライン】

さて、ヤフオクで商品を売買する場合ハピタスを経由すると、ポイントが付与されます。購入の場合は0.5%になります。さて、ヤフオクではクレジットカードを使って「かんたん決済」を行うことでクレジットカードのポイント分を稼ぐことができます。(現在、かんたん決済の利用手数料は無料です)

そして、使うクレジットカードですが

p-one wizであれば入会後半年間は(1%OFF+1.5%還元→2.5%還元

エクストリームカードであれば1.5%還元です。

また、ヤフオクの利用に特化するのであればヤフーTカードという選択肢もあります。

ハピタスを経由する場合

hapitas_yjcard

ポイントタウンを経由する場合

ポイントタウン_yjcard

今発行すると、7000円相当のTポイントが付与されますのでそれだけでも発行する価値はあります

さて、YahooJapanカード(YJカード)を使ってヤフオクで買い物をする場合は1%の還元率となります。

総括すると次のようになります。

  1. まず、高還元率カードを用意します。
  2. ハピタスを経由してヤフオクの図書カードを購入します。
  3. クレカ還元+ハピタス還元+生協の組み合わせで購入します。

p-one wizだと87.3% 値引率は12.7%

エクストリームカードだと88.2% 値引率は11.8%

YJカードだと88.65% 値引率は11.35%

の還元率で購入することができます。

 

つまり、95%で購入することができるのであれば例え現金でも金券ショップを利用したほうが得になります。ですが、97%程度になるとp-one wizを発行したほうがお得になります。

また、クレジットカードを使う場合は、発行の際に受け取れる現金がありますのでそれも合わせると、クレジットカードを発行して現金のプレゼントを受け取り受け取った現金を購入資金に回してしまうという手もあります

ハピタス堂は7%の還元

hapitas_ハピタス堂
ハピタス堂を経由すると、ハピタスのポイントがまず7%付与されます。ハピタスのポイントは1ポイントが1円で交換することができますので、

実質93%で購入することができるということです。

さて、ハピタス堂では購入にクレジットカードを使うことができますので高還元クレジットカードの恩恵を受けることができます。

総括すると

高還元クレカ(1.5%)+ハピタス堂で購入すれば

1.5%+7%で8.5%還元で購入することができます。

生協ほどの値引率は流石に難しいですが、生協と異なり、社会人でも誰でも利用することができるというメリットがあります。

AmazonはAmazon studentが使えれば10%OFF

生協と同じレベルの還元率です。

加えて、クレジットカードによる決済も勿論可能です。ですが、クレジットカードの決済の他にもAmazonの場合はAmazonギフトカードを使う手があります。

hapitas_amaten
ハピタスを経由すると1回だけですが、ポイントをもらえます。AmazonでAmazonギフトカードを購入しようとすると概ね、96%で購入することができます。ただし、購入の際に振り込み手数料299円発生しますので、実際は99%程度で購入していると考えて良いでしょう。

総括すると89.1%での購入となります。

割引率だけを見るとやや見劣りするかもしれませんが、Amazonギフトカードはアンケートサイトなどいたるところで手に入れることができますので、その使い先として知っておいて良いでしょう。

楽天ブックスは1%~10%還元

楽天ブックスの場合は、ハピタスを経由すると

hapitas_楽天ブックス

これで2%の還元を受けることができます。

また、楽天の場合は野球チームの勝敗によって還元率が大きく上下します。最大で10%ですので、その最大の還元率で買うことができたとするとクレカ還元率+ハピタス還元+楽天還元で購入することができた場合

86.85%で購入することができます

ただ、書籍で10%ほどの還元率になることは私の知る限りは殆どありませんし、書籍を買おうとしているタイミングでそんな還元率になっているという補償もありません。

やや安定性に欠けると言わざるを得ないでしょう。

全体を俯瞰すると次のようになります

大学生の場合、生協で図書カードを使うのが一番得です。

生協がない大学に通っている大学生、大学を既に卒業してしまった社会人の場合はハピタス堂を利用し、高還元率クレジットカードを利用するのが一番得です。

AmazonギフトカードやEdyなどのポイントが溜まっている方は機を見て利用するのも手です。

少し前まではハピタス堂は還元率が低く、余り使い勝手の良い書店ではありませんでした。

ハピタスの中には他にも書籍を扱っている案件があり例えばhontoなどが主流でした。ですが、hontoは電子書籍に傾倒するようになり今は紙の書籍は余り力を入れなくなっております。完全にハピタス堂に食われてしまったと考えています。

以上、長い記事になりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

行動はハピタスから

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットでの活動は間にハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


現在は新規登録された方に100ポイントのプレゼントしていますので、どのポイントサイトをメインで使うか検討されている方は、ハピタスがどれだけ充実しているのか中身をチェックすると驚くと思います。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*