LED電球に切り替えて節約!ただし、「ちらつく」問題が・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

「LED電球」なる商品がお店に並ぶようになって久しい。

何か電球の中身の仕組みが変わったのだろうな、ということは想像がついても、それが具体的に私たちにどうメリットがあるのか良く分からない、というのが正直な感想だ。

そこで、LED電球のメリットのおさらいをしたい。そして、その上で、LED電球をもっと使うべきだと熱く主張したい。

LED電球のメリットをまずおさらい

さて、LED電球の店頭価格を見てみると1個1000円以上、高いものだと3000円近くするものがある。

これを初めて見たときにはビックリした。たかが電球にそんなに払えるか。

率直な感想として、そう思った。しかし、「電球」のトータルのコストを考えると1個1000円という値段でもすぐにペイ(元が取れる)できる値段設定になっていることにすぐに気が付いた。

余り意識しない通常の電気代

普段、電球の一番使用頻度の高い場所はどこだろうか。

玄関、洗面所、トイレ、廊下、台所、リビング、自分の部屋などが挙げられる。さて、これらの部屋の電球は使い方が微妙に異なっている。

点けたり消したりを頻繁にするトイレのようなところもあればほぼ点けっぱなしにする部屋もある

玄関は、1日に何度か使うこともあるかもしれないが「利用時間」で考えるとそれほど長く滞在する場所ではない。同じ電気を使う場所であったとしても、その性質は少しずつ異なるのだ。

リビングで使用する場合のトータルコストで比較

では、リビングで1日8時間くらい使用するとしてそのトータルのコストを比較してみよう。

普通の電球の場合、この利用方法だとおおむね年間4000円のコストがかかる。

一方で、LED電球の場合、この利用方法だとおおむね年間1000円のコストで済む。

利用時間が長い部屋の場合、1年間の電気代で3000円の差が生じている

初年度は、3000円のLED電球を購入して収支トントン2年目からは年間3000円の節約ができるようになる。

これに加えて、電気プランの見直しをすれば1年間で劇的に電気代の節約をすることができる。

>>電気料金を3万5千円節約することに成功!プランの見直しは大成功!

どおりで、LED電球は強気の値段設定にしているわけだ。それでも、十分に利用者は元が取れるからだ。

寿命のコストはどう違うのか

さらに、電球の寿命の比較をしよう。購入した電球のパッケージには寿命1000時間とかそういう記載があるだろう。

1日8時間の使用の場合、およそ125日(4ヶ月)で寿命を迎えることになるので1年間3回交換するくらいのペースになっているのではないだろうか。普通の電球は1個100円程度でも手に入るので寿命によるコストは年間300円程度と考えられる。

一方でLED電球の寿命ですが、大体110年くらいと言われている。

基本的には、1度購入したらもう買い換えないでいいものだと考えてよさそうだ。なお、今後の技術の進歩によって電気代がさらに低く抑えられるとかそういった機能が追加されたのならば、無論買い替えも視野に入るかと思うが基本的にずっと交換しないでよいものなのだ。

私の場合

私の場合は、自分の部屋に寿命が約40000時間のLEDの蛍光灯を利用している。寿命が約14年のシロモノだ。

14年間、普通の蛍光灯を使用した場合は、現状は1年で1回程度のペースで買い替えをしているが、部屋の蛍光灯は1本1000円程度で、2本で2000円位のコストが掛かる。メーカーの記載通り14年間の使用に耐えられるなら、14年間持つシロモノなら、2万8千円と等価だ。

ただし、前に述べたようにLED電球は電気代の値段も引き下げる。

私が購入した蛍光灯LEDは8000円程度のものだが、これに買い替えたことで2年程度でその節約効果は表れる。そして、蛍光灯LEDの買換えを再検討するのは、あと10年は先の事になりそうだ。

家の電球を全部LEDにしたらお得か

少し極端だが、確かにお得ではある。だが、まだ寿命を迎えていない通常の電球をむりやり交換するのには少し待ったをかけたい。

先ほどの1日8時間使用するリビングのような例だと、すぐに交換したほうが良いのだが、例えば1日30分も使用しないトイレのような場所の場合は、電球の寿命が切れるのを待ってから追々買い換えていくというのが良い。利用時間の長い部屋から切り替えていくのが基本方針だ。

LED電球のデメリットは

電気代よし、寿命よしでデメリットのなさそうなLED電球ですがそのデメリットは何があるだろうか。

私自身が使用して感じたデメリットを述べると、「ちらつく」のが1つあると思います。LED電球を転倒させるとチカチカチカと、明かりがちらつくのだ。イメージとしては接触が悪いのかなとかそういう感じの点滅の仕方なのですがどうも安物のLED電球に多く見られる現象のようだ。

というのも、LED電球を高額たらしめているのはこの「ちらつき」を制御している部品なのです。

ここが複雑な部品で高額になる。だからLED電球も高額になる。

究極のところ、安物のLED電球はこの制御部品が適当なつくりだったり、そもそも入っていなかったりする。だから安物のLED電球などという地雷商品がまかり通る。なので、LED電球で安物を探そうというのはやめた方が良い

多少値段は張ってもちゃんとしたものを買うのが結局のところ「お得」なのだ。気休め程度だが、店頭で見分ける方法がある。電球の前で指を左右にすばやく動かして残像が見えたらちらつく電球だ

なお、他にもちらつく電球かどうかは、ネット上の口コミを参考にして探すと良い。店頭で確認して、ネットで同じ型のLED電球を注文するというのがよいだろう。

更にもう1点、ちらつきの他に「フリッカー現象」というものもある。これは安定した電流が流れていないような場所で使うと発生する現象です。例えば、ダイアル式で光度を調整するような明かりとかを想像すればよい。(調光器というのでしょうか。)

そういったところの電球として使うと、このフリッカー現象が起こることがある。だから、LED電球を購入する際にはそういったところの採用は待って欲しい。最悪の場合、天井に埋め込まれている装置が故障してしまい、十数万円の出費を強いられる事態になる。

まずは、安定的に電流が供給される場所でありかつ利用時間の長いところから買い換えていく。この方法で、節約を始めてみてください。

そして、フリッカー現象が起こりそうな箇所については、マンションの管理人などに、その箇所がLED電球に対応しているのかを確認を取ってから取り換えるようにすれば良いだろう。

なお、LED電球はそこそこ値段のはる物品だ。普通に買うだけでなく、他の節約術と組み合わせながら購入されることをオススメする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。