ファンくるの使い方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前、幹事業は儲かるという記事を投稿しました。

そして、幹事業の準備として、登録するべきポイントサイトを紹介しました。

その中で、ファンくるというサイトを紹介したと思います。

今回の記事では、ファンくるの使い方を説明します。

タイプ1

こちらのバナーから、ファンくるに登録することができます。

 

では、ファンくるではどのようにしてポイントを貯めるのかについて早速解説していきます。

ファンくるでは、主に次のような方法でポイントを貯めることができます。

  • 食事をして、ファンくるから送られてくるアンケートに回答する。
  • 買物をして、ファンくるから送られてくるアンケートに回答する。
  • 資料請求、口座開設、クレジットカード発行などをする。

特に、「食事」と「口座開設」「クレジットカード発行」は非常に効率が良い為お勧めできる案件です。

では、やり方と利用する際の注意点を説明します。

 

【食事の場合】

ファンくるでのポイント獲得までの流れは、

  1. まだ誰も選んでいない案件を選択し、そのお店に行ける日、人数を入力して応募する。
  2. 応募したらすぐに当落通知が送られてくる。
  3. 応募した日時にお店に行き食事をする。
  4. レシートをちゃんと貰って、アンケートに答える。
  5. 後日、ポイントが付与される。

このような流れになっています。

注意点は、案件によってルールが異なるという点です。

例えば

  • 男女ペアであること
  • 2人以上で来店すること
  • 注文の際には○○を注文すること
  • 「オススメのメニューは何ですか」と聞くこと
  • 支払方法は現金のみであること

こういったルールが設けられているお店がある場合があるので、

お店を選ぶ際には注意をして選んでください。

(そういった条件が全くないお店もあります。)

 

基本的に、これらのことに応募の際に気を付けていれば

トラブルに見舞われることなく、楽しく利用することが可能です。

 

【口座開設の場合】

口座開設の案件は、FXの口座や証券会社の口座を開設して

  • 期間内に一定の入金をする。
  • 期間内に一定の取引をする。

これらの条件を満たすことで、ポイントが付与されるというものです。

例えば、下のような案件です。

dmmfx

口座を開設すると大体現金1万円相当のポイントがもらえます。

さて、口座開設の案件ですが心理的に非常にハードルが高いですよね。

 

その心理的なハードルは、多くの場合誤解から生じているものです。

これから、その誤解について説明をしていきたいと思います。

「口座を開設して入金しなくちゃいけないってあるけれど、そもそもそんなお金もっていないよ」

ごもっともな意見ですが、入金しなければいけない金額というのは安いところだと、1万円、10万円程度で良いというところもあります。上のDMMの場合ですと、5万円で良いとあります。そういった案件を見比べながら、これなら入金できそうだという口座を開設するのが良いでしょう。

 

「貯金を全部開設した口座に入金したら、一応条件は満たせるが、私はFXも株もする気はないんだ。すぐ、口座から出金したい」

もちろん可能です、と言いたいところですが大体2,3日は口座に入れておく必要があるので注意です。

案件の注意書きの中にも、「ポイント付与する段階で、全額下ろしている人はポイント付与の対象外」という文言があると思います。

文言が無い会社は基本的には即出金がOKのはずですが、それでも案件を無事に成立させるためにはポイントが付与されるまでは、しばらく入れっぱなしにしておくのが良いでしょう。

 

「FX会社や、証券会社にお金を預けっぱなしにするなんてリスクが高すぎる。ポイント欲しさに、とれるリスクではない」

非常に多い誤解です。まず、証券会社、FX会社にお金を預けっぱなしにすることについてですが預けているだけでは、株や外貨を購入しているわけではないので市場の変動リスク、為替の変動リスクなんというものはそもそもが無関係な話です。

 

「預けている間に、証券会社やFX会社が倒産したらどうしよう」

車に轢かれるのが嫌だから、外に出たくありません。というレベルのリスク回避的な考え方です。企業は、ある日突然破産するものではありません。預けたお金を取り戻す時間は十分にあります。上のDMMの例だと、条件を満たすと、おおむね1ヶ月で付与されます。

 

「株式やFXの取引が怖い。2chのコピペで見たようなことになるんじゃないか。」

突然、株式や為替レートが激変して自分の全財産を失っただけでなく、自分の身の丈に合わない借金が降りかかってしまったというコピペは有名ですよね。そのコピペの印象だけが強く残り、「FXは危険だ」という印象はいまだに強いです。

 

ですが、これは誤解に基づいた判断であると言わざるを得ません。なぜ、誤解と言い切れるのか。

 

まず、コピペの書き込まれている時期なのですがずいぶん昔の書き込みなのです。

昔は、FX(外為証拠金取引)の制度がゆるかったため、

レバレッジ100倍、200倍の取引が可能だったのです。

要は、自分の全財産をかき集めても20万円しかないのに4000万円分の取引ができてしまった時代があったのです。

自分の全財産が20万円しかない人が、4000万円を動かすなんていうハイリスクなことは絶対にやってはいけないんです。

今は、上限が設けられておりレバレッジはせいぜい25倍が上限になっていますし、レバレッジは自分で調整をすることができます。

 

「取引をしなくちゃポイントが貰えないとあるけれど、取引をしたら損が出るかもしれない。それが獲得ポイントよりも大きくなってしまったら、元も子もないじゃないか。」

これについては、誤解というよりは不安と言った方が適切ですね。タイミングを間違わなければ、このような心配はありませんがこれについての攻略法は、こちらで解説します。

 

さて上の例では1lot取引が必要とあります。要するに、DMMのFX口座における最小単位のことを指しているのですが、例えばドル円で取引をするとしたら今の相場ですと1lotあたり、約5万円必要ですので、預けた金額で取引できます。どのように計算したのかについてもあわせて掲載いたします。

 

これらが、「口座開設」案件に対して多い誤解(と不安)です。

そして、不安についても別記事を参考にすることで出来る限り安全に案件成立条件を満たすことができます。

不安がどうしてもぬぐえないという人は、「入金」だけを条件にしている案件に申し込むと良いでしょう。

 

【クレジットカード発行案件】

クレジットカードを発行して、

・期間内に1度だけ使用する。

という条件を満たすことでポイントが付与される、案件です。

 

これも心理的に抵抗のある案件かと思います。

 

気をつけるべきことは3点

  • 1年間に発行しすぎないこと
  • 入会費、年会費をチェックすること
  • 発行させた後、使わないのであればきちんと補完をすること

 

この3点に気をつけてください。

1点目の、発行の枚数は、1年間に大体5枚程度を限度としてください。

 

2点目の、入会費、年会費は、必ず申し込みのトップの画面で説明してありますので必ず読んでください。

入会費・年会費永久無料と書かれていれば安全

入会費無料、年会費は前年度の利用額が50万円以上であれば無料と書かれているような場合は、

今年使う予定が無いのであれば、見送ったほうが良いかもしれません。

 

3点目の発行させた後の保存ですが、ポケットファイルなどを購入して

送られてきた封筒とセットにして、いつ申し込んだかの日付と何で申し込んだか(例:発行でポイント付与)の

メモを一緒に入れておくといいでしょう。

そして、1,2年ほど保存したあとは解約してしまっても構いません。

 

 

以上、大変長い記事になってしまいました。

ファンくるでどのようにポイントを貯めればよいのか?

→ 上のような有利な案件を活用することで効率よくポイントを貯めることが出来る。

→ 扱いに注意することで、安全さをより増すことが出来る。

まとめるとこのような感じになります。

是非、この記事で抑えた点を参考にしてポイントを稼いでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*