毎月の請求が自動で1%OFFされるP-one wiz jカードのすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新年明けましておめでとうございます。

今年は、財テク内容の充実と資格の取得を目指していきたい。

それらの活動に加えて、今年は学生特例で猶予されている期間の国民年金と、家族の国民年金を全て支払ってしまいたいので、それに向けてクレジットカードの選択をしている。

国民年金は、1月あたり約16000円を保険料を納めることになるので20歳から就職までの間の2年間(私は大学院まで出ているので4年間)の合計38万4000円(76万8000円)を後から収める必要がある。

これは結構な大金だ。折角支払うのなら、何か自分が有利になるような支払い方をしたい。

国民年金は税金みたいなものだから、有利に払う方法は無いと考えがちだが、上手い支払い方はある。

それは、「クレジットカードでnanacoにチャージし、そのnanacoでセブンイレブンで支払う」という方法だ。

クレジットカードにはポイントが溜まるもの毎月の請求金額から値引きをしてくれるものなど色々なサービスがある。クレジットカードによってはnanacoへクレジットカードでチャージをしてもそのサービスを受けることができる。全てのクレジットカードではない点に注意だ。

その中でも、p-one wizがかなり有能で、これは1ヶ月の間の買い物それぞれについて1%引きをしてくれる。そして、1%引きをした後で、1ヶ月の支払額の総額に対して1000円ごとに1ポイントが溜まる。

貯まったポイントは1ポイント=Tポイント5ポイントのレートで交換することが出来る。

さて、nanacoへのクレジットチャージは1%引きの対象外なのだが、ポイントは溜まる

そして、入会から6ヶ月の間は、ポイントが3倍溜まる。

(2016年3月4日加筆)

>>p-one wizカードはnanacoも1%OFFの対象だった!明細で気になったところを確認!

現在のところ、nanacoへのクレジットチャージも1%OFFの対象となるようだ。

つまり、合計で2.5%OFFの還元を受けることができる。

 

入会から6ヶ月の間は1000円ごとに通常の3倍である3ポイント溜まるので、Tポイント15ポイント分になる。

この間に、国民年金を納めてしまえばTポイント5760ポイント分(11520ポイント分)得られる計算になる。これが、最も上手い支払い方だ。

さて、ここで注意だ。

P-one wizカードは申し込みの時点ではリボルビング払いになっている。なので、申し込み後、カードが届いたら手動で全額払いに切り替える必要がある。

全額払いに切り替えれば、普通のクレジットカードと同じように使うことが出来る

また、P-one wizカードは、ポイントタウンやハピタスの案件としても紹介されていますので申し込む際にはそちらを経由して申し込むと現金のキャッシュバックが受けられる。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

行動はハピタスから

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットでの活動は間にハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


現在は新規登録された方に100ポイントのプレゼントしていますので、どのポイントサイトをメインで使うか検討されている方は、ハピタスがどれだけ充実しているのか中身をチェックすると驚くと思います。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*