永田町の通勤時の混雑は人生の浪費だ。混雑を避ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

通勤途中の永田町駅は都内屈指の混雑スポットだ。

だが、今日、5月1日はゴールデンウィークの中日ということで非常に空いていた。

永田町の混雑について

混んでいる時間に乗り換えの時間がぶつかると非常に時間のロスが激しく無駄が多い。人がいなければ3分もかからない乗り換えに、何事もない平日でも乗り換えに15分から20分はかかるのだから時間の浪費この上ない。

しかし、永田町は常に混雑をしているという訳ではない。

混む時間帯は通年、ほぼ決まっており7時50分~8時50分位の1時間程度が、激烈に混雑する。

混雑を回避する方策

昨年、私の職場では「ゆう活」を導入した。

普段の出勤時間を前倒しにすることで、終業時間も前倒しにすることができるという制度だ。

この制度を利用して、1時間程度出勤時間と終業時間を前倒しにしたのだが、果たして効果は覿面であった。電車内は空いているから座って行けるし、乗換駅も空いている為、無駄な時間を過ごさないで済む。なお、会社についた後は、学習時間に充てていた。

家で勉強をしたいという人もあるだろうが、会社に1時間早く行き勉強をするという選択の方が以下の点で優れている。

1.無駄な時間をカットできる

1時間早く出ても、遅く出ても通勤時間は変わらないと思われるかもしれないが、ここまでに説明したように、混雑時間を回避できるため実は、到着がもっと早くなる

2.強制的に勉強をする時間が作れる

家だと娯楽にあふれているため、強制的に勉強をする時間を確保することができる。朝、何気なくネットサーフをして動画など見てはいないだろうか。結局、出勤時間ぎりぎりまで見てしまうなんてことは無いだろうか。勉強時間を確実に確保していくことは、少なくないメリットだろう。

3.早く帰ることができる

早く会社に来ているのだから、早く帰ることができる。仮に残業が入ったとしても、終業時間が前倒しになっている分、残業代を多く取ることができる

 

然るに、制度を上手に活用することで通勤ストレスの緩和、勉強時間の強制確保、早期退社を上手く実現できるように出来る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*