【8月】基本通りの工夫をすれば猛暑でも電気代が怖くない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

8月の電気代が確定した。今年は猛暑の影響で電気代を見るのが怖いが、果たして結果はどのようになったか。

2016年からの3年間の推移を確認し、どういう取り組みが効果があったのかを確認しよう。

直近3年間の推移

2016年8月:751kWh:19,478円

2017年8月:773kWh:22,155円

2018年8月:764kWh:21,328円

直近の3年間の使用量と電気代を抜粋した。

これを見ると、2016年が2万円を切っていたのに、2017年から消費が激しくなってきている。この点は反省である。

2017年と比較すると電気代は約3.8%の削減に成功している。

猛暑の影響

今年は猛暑の影響で、例年よりもエアコンを付けている時間が長かった。その為、去年よりも 電気代が嵩むことは覚悟していたが料金が確定してみると、例年よりも少し安くなっていたので、そこは驚きだった。

今、電気料金のプランの多くは時間帯によって値段が異なっていることが多い。

一番多いのは、平日の夜などは安く設定されていることが多い。そういう安い時間に家電を使って選択などの用事を済ませるようにすることで、電気代を少しでも浮かせることは可能だろう。

後は、使っていない家電のコンセントは全て抜くようにしている。待機電力は結局、微々たるものではあるのだが、例えば雷雨などが発生した場合に家電にダメージを与えることも多い。

そういった事故を回避する上でも、不要なこと・不用意なことはしないように節制することが大事だろう。

LED電球を積極的に取り入れている

もう皆の家の電球はLEDへの交換は済んでいるだろうか。

我が家ではここ数年、電球を購入していない。必要ないからだ。

LED電球への交換がブームになっていたころは、そのブームに便乗して海外の粗悪品が大量に出回ってトラブルが発生していた。

今は、そのトラブルが少しずつでは減ってきており、質の良い物が素人の目からも判別付くようになってきている。

是非、電球の交換の自機が迫ってきたらLED化を検討してもらいたい。毎月の電気代は確実に安くなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください