超短髪は経済的にも衛生的にも合理的な選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

人生で何度か、美容院に行ったことがある。

人のすすめで行ったが、髪を切るだけで数千円を取られるのがどうにも馬鹿馬鹿しく思えた。

QBハウスは優秀

私は以前、海上自衛隊に勤めていたころがありその頃は、3厘(りん)程度に刈っていた。

それでも、床屋だと2千円程度取られていたのだが。

さて、海上自衛隊をやめた後も、私は短髪で通している。

便利な世の中なもので、QBハウスに行けば1080円で短髪にしてくれる。

短髪にするだけならバリカンを購入すれば速いし経済的と思われるだろうが、実際には短髪にするのにも技術が必要であるし、髪を切った際に生じるゴミの処分の手間を考えると私は金を払ってでも床屋で切ってもらった方が得だと考える。

超短髪は合理的

学生の頃は髪の先端がおでこや首筋に刺さり、できものが出来始めてからようやく髪をバッサリ切るという無精をしていた。

しかし、超短髪にするようになってからは髪の毛が原因である「できもの」が無くなり衛生面でも改善が見られた。

超短髪は経済面、衛生面でともに合理的な選択である。

この合理性に気が付いたのは勤め人になってからだった。もっと早くにこの合理性に気が付いていればと悔やまれてならない。

超短髪であることは、就職活動においても有利に働く

まず、髪型を気にする必要が減る。外に行くとき、寝癖はどうか、髪型に違和感はないかとそういった心配をする必要が無くなる。超短髪だと、お、とは思われてもそれによって不潔だとかそういった減点の要因になるようなマイナス要素は無い。

断髪は1番最初は覚悟がいる。

だが、1度経験してしまえばその合理性にすぐに気が付くだろう。

これからの季節、暑いとたくさんの汗をかく。髪を不用意に伸ばしていると、おでこや首筋がすぐに大変なことになる。そうなる前に、思い切って超短髪に挑戦してみてはどうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。