アクチュアリー試験で2科目合格しました!短期間で合格する勉強法を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクチュアリー試験で無事2科目合格しました

1次試験の数学会計・経済・投資理論(通称、KKT)について無事合格しました。

1次試験は基礎的な力をはかる試験ではありますが、きちんと対策をしないと5科目取得に3年、4年と時間がかかりかねない試験です。この記事では、合格した2科目についてどの範囲について学習し、どのような勉強法を行ったかについて解説します。

アクチュアリー試験突破は長期間のかかることを覚悟する必要がある

アクチュアリー試験は、1次試験が5科目2次試験が2科目で構成されている試験です。

1次試験の科目を全て合格してやっと2次試験を受ける資格が与えられ、2次試験の2科目を合格してようやくアクチュアリー会の正会員になることができます

全科目の突破に7年程度を見ている人が多いですが、それでも順調に行った場合です。

最悪、何年も受けても受からない人は受からない試験です。途中であきらめてしまう人も結構いるそうです。

私の知り合いに外資系の保険会社で働いている方がいるのですが、その方の上司にあたる方もアクチュアリー試験を何年も受け続けているがとうとう諦めてしまったとのことです。悲しい話ですが。

その一方で、要領よく取得していく人は7年よりも更に短い年数で取得していきます。仕事上取引のある企業の方々は、とても若いにもかかわらず全員アクチュアリーの正会員です。

全員、とは文字通りの意味で全員です。正社員全員がアクチュアリー正会員です。

勉強には要領、要所がありそこを抑えないと時間とチャンスを失い続ける不本意な人生になってしまうのです。

私は2科目受かっただけであり、資格取得の最初の一歩を踏み出したに過ぎません

誰でもできる勉強方法に落とし込むことができましたのでその手法を全て公開します

9月から勉強開始

全く、褒められた話ではありませんが私はアクチュアリー試験の勉強を9月から始めました。

試験日は12月の第2週ですので、実質3ヶ月の勉強時間で成果を出さなければいけない状況でした。なので、にかく時間を作って勉強をする必要がありましたもっと前から勉強を始めればいいじゃないかという突っ込みは正論過ぎて何も返す言葉がありません

さて、数学と会計・経済・投資理論についてアクチュアリー会は試験に出す分野を明記しています

基本的には、明記されている書籍を全てこなし、アクチュアリー会のウェブページに掲載されている過去問について過去10年分を解いておくことが望ましいそうです

>>アクチュアリー試験過去問[アクチュアリー会]

 

ですが、開き直るようですがそんな時間は当然ありません。なので、読むべき書籍と、読むべき章を紹介しますのでそこだけ集中的に勉強すれば良いです。

数学で読むべき書籍及び章

「大学生の確率・統計」

この書籍は基礎的な内容ではありますが、アクチュアリー試験の数学の大問1の全12問で出題される内容が網羅的に紹介されています。実際の試験で出題される形式とは異なりますが、公式の復習を兼ねて解くと良いです。この本で現れる公式を体で覚えたならばもう別の書籍に移って良いです。

全8章ありますが、8章の保険金融数理入門はやらないで良いです他の章は全て繰り返し解いて下さい。私は大体3週間かけて完成させました。

「明快演習 数理統計」

アクチュアリー試験の出来を左右させる本です。この本の問題は何回も何回も解きました。この本についても全て解くべきですが特に3章以降については繰り返し解いて下さい

「検定・推定」などについては、アクチュアリー会のHPから過去問をダウンロードしてその過去問に付いている正規分布の数表を実際に使いながら電卓を叩いて解いて下さい

アクチュアリー試験では、電卓をいかに使いこなせるかが実は非常に重要な意味を持ちます私は3ヶ月間、平日土日関係なく1日6時間以上電卓を叩く生活をしていました

さて、この書籍は数学の大問1の全12問で出てくる問題を網羅的に解説しているだけでなくそれぞれの典型的な問題を練習と演習の問題で解くことが出来るため非常に記憶に定着しやすい構成になっています。

出てくる問題は全て基本ですが、基本をとにかくひたすらひたすら解けるように練習するのが数学の合格の早道です。

さて、この書籍について実は大問1だけでなく大問3についてもクリティカルに効果があります。数学の大問3は「誘導アリの証明問題」が出題されることが多いです。誘導にしたがって、F分布の確率密度関数を求める、などといったものです。

こういった証明の問題もこの書籍は網羅しています。簡単な分布ではなく、余り使わない分布の証明問題は何度か見ておいたほうが良いです。

例えば、幾何分布などは誘導まで付いていたら1度も解いたことが無くともたいていの人は解けます。ですが、F分布などのように計算で使うくらいにしか触れたことの無い人はその導出をしてみろといわれた場合誘導があっても、中々解けません。

「分布の導出」は必ず何度か行ってください。確実に点数に結びつきます。例えば、前年度のアクチュアリー試験の場合F分布の導出が出来ればそれだけで20点もらえました。私はこの書籍を10月から試験の直前まで繰り返し解き続けていました。

「統計学入門」

この書籍は、問題を解くためではなくよく分からない分布を理解するために読む本です。

例えば、カイ2乗分布やF分布がどういう分布なのかという疑問にイメージを与えてくれるため、記憶に定着しやすくなります。そして、「検定」の問題では平均が既知で分散が未知の場合何検定をすればよいか、というタイプの問題は毎年必ず出題されます

それについて、何故その分布を使うのかという説明を非常に丁寧にされています。その章を繰り返し、繰り返し読むことで必ず出題される部分は的確に迅速に何をするべきか判断できるように頭を作り変えてください。10月から、検定の問題を解くようになりましたのでイメージのつかめない分布が現れたときに頻繁にめくっていました。

これらに加えて読むべき本

アクチュアリー会が出版している「確率・統計・モデリング問題集」の「シミュレーション」の項目に目を通しておくと良いでしょう。

ただ、この問題集非常にまずいことに誤植がとにかく多く、加えて説明も分かりづらいです。

シミュレーションの問題は毎年必ず出題されていますので、ここで5点得られるかどうかがかかっています。先ほど紹介した「大学生の確率・統計」にもシミュレーションの章がありますのでそこと照らし合わせながら解くと良いでしょう。

「確率・統計・モデリング問題集」については、そこ以外見る必要ありません。

 

以上、4冊紹介しました。これに加えて私は過去問6年分を繰り返し解いていました。

過去問では、簡単な問題の場合は1度解いたらもう解きません。ですが、検定などのような計算問題の場合はパターンを覚えるために1度正解したとしても頻繁に手を動かすようにしました。1日1度解き、6日連続で正解をしたなら間を少し開けてまた解くということをしていました。

 

そして、間違えた問題、解けなかった問題は自分でパターン化してそれを暗記しました。

暗記に使ったノートは「コクヨ 測量野帳」です。

非常にしっかりしたつくりで、コンパクトなため通勤途中に作成したメモを暗記していました。

このノートを採用した理由として「書くスペースが物足りない」という点が挙げられます。

書くスペースが少し狭いと、何とか自分で工夫して書き込もうとします

単純に字を小さくしたのでは見づらくなるだけなので例えば、自分でイメージがつきやすい絵などの記号化をしたりと

自分にあった圧縮記法を編み出しやすい、そのためにあえて「少々不自由」な大きさのノートを使いました。

会計・経済・投資理論(KKT)で読むべき書籍・章

「入門 経済学」

経済の問題は全てここから出題されます。読む書籍はこれ1冊で大丈夫です。

読む章は、1,2,3,4,5章と10,11,12,13章だけでいいです。他の章は読み飛ばしてかまいません。

上記の章を読み終えたら、過去問に取り掛かってください。それだけで良いです。なお、KKTの経済学で出題される計算問題はこの本で扱っている計算問題を抑えておけば後は過去問で計算問題のレパートリーを増やすだけで十分に対処できます。自分でパターンを整理して、先ほどの測量野帳にまとめて毎朝読んでください。

「新・証券投資論Ⅰ」「新・証券投資論Ⅱ」

投資理論はこの2冊を読み、過去問を解くことが大切になります過去10年分の投資理論の範囲の問題は繰り返し解いてください。投資理論では、計算問題が主に出題されますので毎日電卓を叩くことを忘れないでください

Ⅰは1,2,3,5,7章だけⅡは1,2,4章だけ読めば良いです。

読んだ後は、ひたすら過去問を解いて下さい。Ⅰは1週間ほどで完成させることが出来ますが、Ⅱは結構ハードルが高くなりますので日程には余裕を持って臨んでください。

「財務会計講義」

試験にそのまま出る。嘘だろというレベルでそのまま出る

なので、基本的には丸暗記なのですが、とにかく網羅しなければならない範囲が多いためKKTにおいて、足きりを食らうとしたらこの科目でしょう。この本は1章から12章まで全て読んでおかなければならないです

選択問題と計算問題が主ですが、1ついえることは分かるところから読んでいくということでしょうか。

私はまず、過去問を何年か眺めて出題されることが多い分野にあたりをつけ、そこを重点的に測量野帳にまとめました。なので、この本の場合は3章くらいまでは我慢して読み、そこから先は、分かるところだけを拾い読みをする。そして、何となく分かった気になったところで過去問を解いて知らない、分からないところを調べに戻るという

一番手間と時間がかかる科目になることを覚悟しなければならない教科です

ちなみに、この本は毎年改訂版が3月に出ています。そして改定されたところが、その年に出題される(これはあくまで噂レベル)

なので、もし余裕があるのならば今年と前年度分を購入してどこが改定されたのかを調べて、そこをしっかり抑えておくと少しだけ心理的に有利に働くと思われます。

勉強時間

仕事時間は勉強にあてられないので、朝6時におきて出勤までの1時間半は計算問題で頭が働くようにします。電卓を叩く問題を多めに解く。そして、通勤時間は電車に揺られながら測量野帳にまとめた公式、パターンを頭の中で繰り返しとなえる。会社に着いたら、始業までの30分を使って数学の過去問を6問解くようにしています。

大問1には12問あり、その1問を解く時間の目安が5分程度なのでちょうどよいです。昼休みに入ったら、昼食は5分程度で済ませます。

以前、記事で触れましたが等質ダイエットで培った、さほど食べなくても良くなった体質のおかげで昼休みはほぼ勉強にあてられます。朝間違えた問題を解きなおしたら、投資理論の本を読み進めていました。

就業後は、家に帰って寝るまで投資理論の過去問から計算問題を解き続けます。ずっと電卓を叩きながら手を動かし続けます。眠る1,2時間前からは財務会計講義の勉強に切り替えて、眠る。という生活を3ヶ月ほど続けていたら、無事合格をすることが出来ました

もっと余裕を持ったスケジューリングを

この一言に尽きます

もっと早い段階から勉強を始めていたら、余裕を持った勉強計画が立てられたと思うのですが

3ヶ月に圧縮したせいでひたすら勉強付漬けの日々になってしまいました。挙句、試験直前には首がヘルニアでやられてしまう始末。皆さんは、もう少し余裕のある勉強スケジュールを立てるべきです。

体にムチ打てば3か月で2科目合格は可能ですが、そんなに圧縮したスケジュールを組んじゃダメ!という教訓を得ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

行動はハピタスから

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットでの活動は間にハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


現在は新規登録された方に100ポイントのプレゼントしていますので、どのポイントサイトをメインで使うか検討されている方は、ハピタスがどれだけ充実しているのか中身をチェックすると驚くと思います。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Kazu より:

    KKTの勉強法についてなんですが、投資理論と経済は上に書いている章だけで足りるっていうのは
    どこかで聞いたからですか?

    今年受験予定なので、その理由を教えて頂ければと思います。

    1. riemann より:

      初めまして。コメントありがとうございます。
      KKTの勉強の範囲についてですが、伝聞と過去問の内容を加味した情報とお考えください。
      まず、どこからの伝聞であるかについてですが
      毎年、アクチュアリー会が5月から10月にかけて実施しているアクチュアリー試験の対策講座があります。
      その講座は、試験で問われる範囲に絞って講義が進むのですが、
      その中でアクチュアリー会のHPで指定されているテキスト(記事の中でも紹介しているテキスト)の中でも
      試験で問われる章について触れるそうです。投資理論と経済について勉強するべき章が具体的なのは
      そこからの口伝です。

      また、その情報を踏まえアクチュアリー会のHPで公開されている過去問約10年分について、
      試験問題を解きつつ、テキストのどの章から出題されているものかを確認すると、
      勉強するべき章として紹介した箇所を勉強してさえいれば、解ける問題であるという印象を受けました。
      それ以外の章から出題される頻度は、(本当に稀ですが)小問1問程度が出題されるかどうかという頻度でならありえます。

      情報の出処は、以上になります。
      つたない内容ですが、参考になりましたら幸いです。試験、頑張ってくださいね。

  2. Kazu より:

    返信有り難うございました。

    アクの講座は存在は知っています。そこ情報なのですね。
    勉強法参考にさせていただきます。

    ありがとうございました。

  3. wsd-student より:

    今年大学に進学しました。進学した学科は経営システム工学科です。

    私の計画は以下の感じでいきたいと思ってます!

    1年 経済・会計・投資理論を勉強。大学の授業で数学の勉強をカバー

    2年 数学に自信を持てたら生保・損保・年金数理に着手。

    3年~4年 受験に備える。(大学での授業数か激減するため都合が良い)→12月に試験を受ける

    あと、会計は簿記の勉強と似ているのでしょうか?

    1. riemann より:

      wsd-student 様
      大学進学おめでとうございます。
      勉強のスケジュールですが、大学3年生から資格取得に照準を合わせた計画を立てていらっしゃるのですね。
      1次試験の科目のうち、数学が一番大学入試などで勉強をした内容に近いので
      学生のうちに取得するならやはり数学が一番取り易いところだと思います。

      ただ、大学入試などと勝手が違うところは様々な確率分布やモデリングなどの
      数学Cにちょろっと乗っている部分がメインで沢山出されるという点にはご注意ください。
      選択する講義によっては、確率分布などの話題が一切出ないこともありえます。
      もし、シラバスに目を通して大学の講義で扱いそうも無いなと判断できたら、
      ご自分で参考書を購入して進めると、試験の対策をじっくりと練れるかと思います。

      会計経済投資理論の会計の部分のお話ですが、試験の中に確かに簿記の試験、
      つまり計算を行う問題というのは例年出題されております。

      ですが、例えばその部分の勉強のために日商簿記2級、3級のテキスト、FP2級、3級のテキストで勉強すれば
      試験の点数につながるかというと、効果は芳しくないようです。(私と、周りの受験をした人の感想ですが・・・)

      アクチュアリー試験の会計の試験で出題される問題としては、
      例えば個別法、先入先出法、後入先出法、総平均法、移動平均法、最終仕入原価法等の方法がある中で
      ある方法で計算したときの期末の棚卸し額は幾らか? などのように、
      まず、財務会計講義に挙げられている「方法」を包括的にまとめるのが一番効率が良さそうです。
      上で挙げた方法は、それぞれの計算の方法は拍子抜けするほど簡単ですので、
      「計算の対策」よりは、「沢山ある方法をきちんと区別して覚える」ことの対策をしておくと良いかと思います。
      (「簿記」の勉強が計算の練習とみなしてのコメントになってしまいましたが)

      では、充実した大学生活を!

  4. モスモス より:

    riemann様
    こんばんは、検索からここへ辿り着きました。僕も今年2科目受験予定なのですが、ここで挙げられている勉強法はとても参考になりました。
    そこで質問があります、この勉強法だと前提の数学力はどの程度でしょうか?
    というのも今、僕は大学数学の微積分と線形代数の必要な範囲の基礎を独学で進めている状況です。ですから省ける所は省いて効率を図りたいのでどの程度までの知識が前提でどこまでの理解やレベルが出来ればいいのか教えてください。

    1. riemann より:

      モスモス 様
      始めまして。コメントありがとうございます。

      学部教養レベルの数学だと
      ・微分積分、無限級数
      ・確率密度関数、分布関数の種類

      これらの知識が必要になります。
      問題として「ほにゃほにゃという関数を微分せよ」というような問題が出るわけではありません。
      最も出題頻度が高いのは確率変数(確率分布)が複数与えられ、その確率変数で新たな確率変数を定義して
      その確率変数の確率密度関数を計算させる問題等です。
      この問題に対処するためには、分布関数と確率密度関数の関係をキチンと把握しておく必要があります。
      これらの計算の中で、微分と積分を扱う力が必要になります。

      計算力の目安としては
      ・eとxの積などで与えられる関数や、xの分数乗で与えられる関数の微分積分がきっちり出来る程度の計算力
      ・無限級数が与えられたとき、キチンと計算が出来る。(簡単な関数に書き直せる)
      ・正規分布やF分布の確率密度関数(分布関数)が与えられ、分布関数(確率密度関数)の計算をすることが出来るか。
      ・正規分布やF分布等を定義からスタートして、密度関数を求められるか。(参考書などの記述を追えるか)
      となります。

      この計算力は区間推定や確率分布を求める問題の計算の合間合間に登場しますのでこの能力が不足していると
      数学の問題全般で点数を取ることが難しくなると思います。

      線形代数については、語弊を恐れずに申し上げればほぼ不要です。(時間に余裕があれば無論、抑えたほうが良いでしょうが)
      出題される例としては、遷移行列Pが与えられて、この行列Pのn乗を計算しそのnを無限大にする・・・といった問題が出ることはあります。
      ただし、この手の問題は一見すると、行列Pのn乗を計算する必要があるように見えても、
      工夫で対処できる場合が多いため線形代数の知識が必須というわけではありません。
      行列Pのn乗の計算がいざというときは出来る、というくらいの力で良いと思います。

      大学教養レベルの数学の知識を前提とした計算力という視点からですと上記のようになります。

      補足ですが、問題を読み解く前提となる知識を身につけるという視点に立つと
      記事で触れた明解演習、大学生の確率・統計、統計学入門でほぼ網羅できますし、
      読み進める上で詰まることはほぼないと思われます。(読むのが止まる箇所は、言葉の意味などを逐次確認する必要があります)

      駆け足になってしまいましたが、参考になれば幸いです。

      1. モスモス より:

        早速のご返答感謝します。また長文で丁寧に対応いただきありがとうございます。
        各種数学の試験との対応での勉強の方法は理解でき、参考になりました。
        また質問がしたいのですが、
        1.統計学入門と入門数理統計が指定教科書でかつアクチュアリー会HPで2冊ともやるような記述になっているのですが、どちらか一方でよいですか?
        実際に中身を見たところある程度かぶっていると思っているので統計学入門だけにしようかと思っているんですが。。。

        2.記事では、統計学入門をわからない分布を調べる用途で使用との事ですが、こちらは実はまだ1回も統計学の知識が入ってない状態なので1周してから先述された調べる用途の使い方でよいのか、いきなりそのような使い方でよいのか教えてください。

        3.数学の基礎知識(高校数学~大学教養数学)で、勉強する時には公式を理解→導出→計算演習でいつも範囲の単元をやっているのですがriemann様はどのような勉強でしてましたか?
        というのもこの方法だと時間がかかってしまい、本当にこのやり方で進めていいのか悩みます。他の受験の方もいないので基礎知識習得にどの程度のペース(理解のレベル、時間のかけ方)でやっているのか気になります。

        究極的には問題がに必要な知識で困らない計算力と概念の理解、その知識で本試験が解けるレベルの問題を見抜く能力を身に着けることだとは分かるんですが、どうしても具体的にはどこまででどの程度でどんな内容でと気になってしまいます。
        お忙しい中、何度もすみませんがお答えいただければ幸いです。

  5. モスモス より:

    すみません、統計学入門を確率分布まで読んでおっしゃるアドバイスがよくわかりました。あとはなんとか勉強できそうなのでありがとうございました。とりあえず質問は解決したということで。

  6. nanasi より:

    はじめまして。独学では無理そうなので予備校に通おうと思いますが、どこかスクールはありますか?

    今30代半ばですがこの年齢から40歳までの間に合格しても
    転職は難しいでしょうか。

    1. riemann より:

      nanasi さん
      初めまして。コメントありがとうございます。
      まず、一般に受けられる予備校ないしは講座のようなものですが
      シグマインベストメントスクールがアクチュアリーの1次試験突破の為の講座を開いているようです。
      また、東京理科大学生涯学習センターでアクチュアリー1次試験の講座が開かれていることがありますのでチェックしてみるとよろしいかと思います。

      また、転職についてのご質問なのですが申し訳ありませんがアクチュアリーに関する転職市場の知識がございませんので詳しい回答ができかねます。
      アクチュアリーの資格情報を纏めている雑誌やウェブサイトなどでは、転職に有利という書き方が見られますね。
      まず、私が知る限りのことをお話いたしますと、私の身近にも転職を経験されているアクチュアリーの方がいらっしゃいます。
      ただ、この方はアクチュアリーの資格を取ってその資格を武器に転職をされたわけではなく、
      長年の年金数理に関する実務経験をアクチュアリーや年金数理人という資格で裏打ちして転職をされています。
      また、この方は近年、生保会社や信託銀行などが大学新卒に対して実施しているアクチュアリー採用ではなく
      入社後にそれに近い業務に長く携わり、入社してから9,10年目くらいに資格を取得されたようです。
      なので、資格取得の年齢は今で言えばかなり高齢での資格取得となります。

      情報のサンプルが少なすぎて恐縮なのですが、30代後半に転職を考えるとなると
      早期の資格取得もさることながら、もっと重要なのは10年程の実務経験による資格外の知識が求められると思います。
      nanasiさんが今携わっている業務が生保・年金等の数理知識や法知識を要するものであるならば
      40歳までに資格取得をしての転職は可能であると思います。
      以上、長文失礼いたしました。

コメントを残す

*