桁数の覚え方を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ちょっとした豆知識の紹介です

理系に限らず、大きな数字を表記するような仕事をする際には

カンマ「 , 」を使って桁を表現すると思います。

1,000,000,000,000

のように数字を3つ区切りに表記します。

このカンマの位置は、接頭語に対応していますね。

1kmとか1kgkのことを接頭語と言って、[1,000]を表しています。

1つ上の単位になると、Mになって[1,000,000]を表しています。

 

パソコンのメモリの単位で目にする機会が多いと思いますが、

インターネット上でも、千のことをkで表記したり、百万のことをMで表記するような

スラングが存在しています。

 

特に使うもの

さて、接頭語で特に使うものとしては

k , M , G , T

くらいまででしょう。

読み方はそれぞれ、キロ、メガ、ギガ、テラとなっていきます。

そしてそれぞれが、千、百万、十億、一兆に対応しています。

数字で書いてみると

1,000,000,000,000

カンマが4つあると思いますが、右からk,M,G,Tに対応しています

 

さて、大きい数字を3つ区切りで表記するようにすると数え間違いなども減って

大変便利なのですが、突然

50,334,213,993,323

という数字を見せられて声に出して読もうとしたときに

パッと一番上の5が何の位か分かりますか?

正解は十兆です

 

先に紹介した、k,M,G,Tを思い出して

「カンマ4つ目だから1兆でその1つ上の位だから10兆だ」

と考えるので、もちろん良いのですが

Tと1兆の対応がすんなりと頭に入らない人っているのではないですか

 

1Gっていくらですか?と聞かれて、10億だったか、100億だったか

分からなくなるということもあると思います

 

さて、そこでk,M,G,Tと数字の対応の覚え方を紹介します。

 

「千、百、十、一」

 

で覚えれば良いのです。

 

kが

Mが

Gが

Tが

という具合です。桁が増えるごとに、数字が減っていくわけです。

 

これを覚えておくと、桁を数える際のエラーを減らすことができます。

 

私は、仕事柄、統計資料を見ることが多いため

こういったエラーを減らしながら素早く数字を読むアイデアが重宝します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*