インターネット以外でお小遣いを稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

小学生や中学生くらいの子がポイントサイト等を使わないでお小遣いを稼ぐ方法について解説をします。

注意点

まず、気を付けることがあります。タイトルにある通り「インターネット」を用いない方法でお小遣いを稼ぐ方法はあるにはありますが、場所の制約、時間の制約を厳しく受けることになるのでインターネットを使える人よりもはるかに稼ぐ効率は下がります。

これは、仕事を依頼する側(お金を払う側)にとってもインターネットで人を募集する方がよほど効率が良いからです。

お金を払う人とお金を貰う人とのマッチングを効率的に行うための場を探すツールとして現在、インターネットよりも効率の良いものは存在しません。

なので、繰り返しになりますが、インターネットを使わないお小遣い稼ぎの方法は普通の方法よりもはるかに効率が悪いことは覚悟してください。

小遣いを稼ぐ方法1:内職

昔からある方法ですが、在宅の内職という方法があります。

簡単な雑貨の組み立てや、複数の商品を1つの袋に詰める作業、シールの貼り付け作業など。1個あたりの単価は低いですが、手慣れてくると1ヶ月で3万~4万円程度は稼ぐ事ができるようになります。

ただし、小学生で申し込むことはできないので、どうしてもやってみたいのなら保護者の方に頼んで出来そうなものを申し込んでもらうと良いでしょう。

内職は他にもindeedなどでも募集しています。

作業自体は、学校の図画工作よりも簡単な作業なので本当に誰でもできるのですが、結構地味な作業になるので好き嫌いが分かれるところです。

小遣いを稼ぐ方法2:新聞配達(牛乳配達)

これは高校生以上でないと難しい。中学生以下の場合は、学校長や保護者の特別の許可があれば働く事ができるけれども、企業が雇うメリットが無いので許可があったとしても働くことは難しいでしょう。

ですが、新聞配達はメリットが結構あり、他のバイトと比較しても拘束時間が短いというメリットがある。

早朝3時くらいから準備する必要がある為、早起きができない人には薦められません。

小遣いを稼ぐ方法3:害獣駆除

獣害(じゅうがい)とはイノシシなどによって田畑が荒らされたり人が襲われたりすることをいう。

そういった獣害の被害が年々、増加している。市町村によっては、獣害対策の一環として、イノシシなどを駆除した場合に報奨金を出している。

例えば、高知県のケースではイノシシや鹿の駆除には10000円、カラスやタヌキには2000円の報奨金が出る。

自分の住んでいる地域の市町村のHPを確認して、害獣駆除に報奨金が掛かっているのであれば害獣駆除も小遣い稼ぎの方法としてアリだ。個人で取り組んでも良いが、チームでハンターになるのもいいでしょう。

取り急ぎ以上

基本的な小遣い稼ぎの方法を紹介したが、知っておいてほしいのは基本的には小学生は働けない。働かせてもらえない。

しかし、インターネットを利用できれば年齢などには関係なく稼ぐ方法が拡大する。

使える人と使えない人とでは、ますます競争の有利不利が分かれることになるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください