スマホで確定申告ができるスマート申告が2019年からスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

来年2019年の確定申告からスマホやタブレットから確定申告ができるように確定申告のページのリニューアルが行われる。

スマホ専用画面

スマホからこのような画面に移り確定申告が可能になる。

昨今はパソコンを持っていないという人も多いため、そういった層に配慮した形だ。

パソコンのページもリニューアル

このような画面にリニューアルする。今のページよりも多少は見やすくなる。

全体的に緑をイメージした構成になっているのだな。e-Taxのイメージキャラクターも緑っぽいし。

e-Taxの利用手続きが便利になる

「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の2つから選択ができるようになる。

この違いについて説明する前に、「ID・パスワード方式」は暫定的な処置であるということについて説明しておきたい。税務署側は本当は、マイナンバーカード方式を使ってほしいのだ。だが、マイナンバーカードが普及するまでの暫定的な処置として「ID・パスワード方式」ができるようにしている。

もし、マイナンバーカードを既に発行しているのなら、迷わず「マイナンバーカード方式」でe-Taxを利用してほしい。

「ID・パスワード方式」は、その名前の通りIDとパスワードを発行してe-Taxで確定申告を進める方式だ。ただし、IDとパスワードを発行するためには運転免許証などの身分証明書を持って税務署へ行きそこで本人確認をする必要がある。

ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたe-Tax用のID・パスワードを利用してe-Taxを行う方法です。
マイナンバーカードとICカードリーダライタは不要です。
「ID・パスワード方式の届出完了通知」の発行は、税務署で職員による本人確認を行った上で発行しますので、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、お近くの税務署にお越しください。
なお、平成30年1月以降、確定申告会場などで既にID・パスワード方式の届出完了通知を受け取られた方は、平成31年1月からご利用いただけます。

※ マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です。

※ 税理士の方が代理送信される場合は現行と同様の方式となります。

※ 開発中の画面が含まれておりますので、実際の画面と異なる場合があります。

国税庁 より引用

マイナンバーカード方式なら自宅で全て完結する。今のうちにマイナンバーカードを発行しておこう。

確定申告は必ずしよう

賢しらに脱税をほのめかすような投書がtwitterや掲示板などで見受けられるが、そういったものに毒されているのでないならば、確定申告は必ず行うようにしよう。

脱税と節税の区別がついていない人は珍しくない程度にはいる。他人が墓穴を掘るのを眺めている分には自分は損をしないから良いのだが、自分も一緒に墓穴を掘り始めると冗談でなく大変なことになる。

納税は過不足なく。が基本だ。脱税は論外にしても、払い過ぎも悪なのだ。

税が高すぎるかもしれないと思ったら、節税の勉強を初めて少しでも手元に残るように努力をしよう。あくまで合法的に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください