駿河屋の店舗買取を利用する際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

秋葉原の店舗買取について

前回、駿河屋で秋葉原の店舗買取を実施している旨の記事を書きましたが実際に利用したので、これから利用をしようと考えている方に向けて注意点などをまとめておきます。

2016年12月25日追記あり

あんしん買取を利用したけれど、当日に代金を受け取れるわけではありません
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

私は、あんしん買取を利用して予め査定を出しておき、品物を店舗に持ち込みましたが代金は当日に受け取れるというわけではないそうです。(2016年5月7日時点)

品物を持ち込んだ後、駿河屋で査定を後日行い、その結果を連絡するのでその後、改めて店舗に赴かなければなりません

なので、単純に買い取りだけを目的として利用する場合、買い取り代金を口座振込みにするのと同じくらいに交通費が発生してしまうおそれがあるということを踏まえて利用しなければなりません。

学生のころは、秋葉原を通過する通学定期を利用していたため余り交通費を意識せずに秋葉原を利用することができていましたが社会人になってしまいましたので、そうも行かないみたいです。

どういう使い方になるか

駿河屋の買取に限った話ではありませんが、やはり様々な用事を一気に片付けるように使うというのが使い方の基本になるでしょう。

私の場合は、書籍の店舗限定販売を購入する際に店が集中している秋葉原で買い物をすることが多いです。なので、そういった用事に合わせて買取の品を持ち込むのがよいでしょう。

 

そこに「あんしん買取」を一緒に利用しようとすると、スケジューリングに工夫が必要になります。

まず、前提として私が秋葉原を利用するのは月末26日、27日頃です。そこに合わせて、あんしん買取を利用しようとすると、あんしん買取の査定はその査定結果が出てから7日以内にお店にもって行かなければなりません。

そして、あんしん買取の査定はインターネットで申し込むと、概ね3日かかります。ということは、あんしん買取を申し込むのは秋葉原に行く10日前~7日前にしておくと良いという計算になります。

まとめ

16、17日頃 駿河屋のウェブページであんしん買取の申し込みをする

20日頃 あんしん買取の査定結果がメールで送られてくる

26日頃 秋葉原の店舗に実物を持ち込む

後日、代金を受け取る

この流れになるわけです。さて、代金を受け取るタイミングなのですが代金の受け取りをいつまで待つか、ということについて駿河屋から特に明言されていないので、現状としては来月の26日頃に秋葉原に行く際に受け取るというのが一番、基本的な使い方になるのではないかなと思います。

今後の利用について

現状、店舗の買取にしてもオンラインの買取にしても他の買取を行っているような企業と比べるとスピードがまったりとしている印象です。ブックオフなどのように即日査定、即日代金支払いのような高速スピードに慣れている人にとっては、我慢しがたいものがあるかもしれません。また、店舗のスタッフも少々不慣れなところが多いという印象です。

ですが、駿河屋が他の店舗では買取をしていないようなものも買取の対象としている点や買取の対象としているものが、コレクション性の高いニッチなものであるという点を踏まえると仕方が無いのではないかなと思います

直ぐにできそうな改善点としては、買取の査定の流れをもう少しわかりやすく書いておくことと振り込み手数料を安く済ませるための工夫をすることではないかなと思っています。

駿河屋のお店に品物を持ち込んで、代金を即日受け取れるものだと思っていたけれど後日に改めて店舗に来てくれと言われ、トラブルになっている人がいましたのでそのあたりの対処は必要だと思っています。

 

また、振り込み手数料については高すぎるの一言です。振り込み手数料におそらく、銀行に支払う振込み手数料の他に人件費も含まれているのではないかと思うのですが、この振込み手数料では使いづらいといわざるを得ません。

 

※ 駿河屋としては、10円や100円の持込のために人件費を割くわけにもいかないのである程度の額の持込を対象とするために、振り込み手数料をこの設定にしていると考えることもできます。ですので、駿河屋側としては合理的な値段設定ではあると思います。

私としては、これから育つ企業だと思っていますので、ちょくちょく利用していきたいと思っています。

2016年12月15日追記

駿河屋の店頭でのあんしん買取にかなり変化が見られるようになりました。

まず、買取のスピードですがかなり速くなっています

5月頃には、数日待ちという対応でしたが先日利用した時は2時間程度待ちでした。秋葉原という街を考えると、2時間程度であればあっという間に時間が経ちますので、ほぼ当日査定が可能になったと考えても良いでしょう。

そして、コミックスの買取に制限がかかりました。

これは、この記事の中でも書きましたが、私はコミックスの特典を網羅するために複数店舗で同じ書籍を購入し2冊ほど手元に残して残りを駿河屋に売るという方法を取っていました。きっと、同じことをしている人が沢山いたのでしょう

なお、インターネットを介した方法であればコミックスの買取には制限は今のところかかっていませんので、利用する場合はそちらを利用すると良いでしょう。

お売りください。駿河屋です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

行動はハピタスから

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットでの活動は間にハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


現在は新規登録された方に100ポイントのプレゼントしていますので、どのポイントサイトをメインで使うか検討されている方は、ハピタスがどれだけ充実しているのか中身をチェックすると驚くと思います。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*