林修氏が語る「字が下手な人は実は天才」説は本当なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

字の上手、下手で他人からの印象はかなり大きく変わる。世間を広く見渡してみると、確かに上流階級の出自の人は達筆である人が多い。字だけを見ても育ちの違いをひしひしと感じる。

字が下手な人は天才?

字が上手な人は頭や育ちが良く見え、字が下手な人はその逆に見られる傾向がある。しかし、字が下手な人の中にも頭のきれる人がちらほら見られ、むしろ、字が下手な人の方が頭が良いのではという見方も出てくる始末。以前、塾講師でもある林修氏が非常に字の汚い教え子が東大理Ⅲに受かったという話をしてかなりの話題を呼んだ。

そういったことが話題に上ることからも、自分の字の巧拙(上手い、下手)についてコンプレックスを持っている人が多いことがうかがえる。字が下手であることを肯定的にとらえてくれる言葉に気をよくした人が多いようだ。

しかし、彼は元塾講師であって、今は人気商売で糊口をしのいでいる人だ。そういう人の発言は話半分に聞かなければならない。そこで、字の巧拙について色々な角度から検証してみよう。

日本では字が上手であることがステータスになる

冒頭でも述べたように、日本では美しい字を書くことは上流階級のステータスである。

これは、インターネットが身近なものとなった今日でも変わることは無い。

日本の「書」の文化が、字の巧拙に「道具としての文字」以上の価値を与えていることは事実である。

天才や受験ハイレベル層には字が汚い人が多い

しかし、一方で「受験」という範囲に絞ってみても面白い傾向がみられる。

毎年、多くの東大合格者を輩出している灘高校について林修氏は次のように述べている。

「灘高校の連中はホント字が汚いでしょ。この子が典型で、ボク『灘文字』って呼んでいるんですけどね、ホントにね、ノートとか字が汚い生徒多いんですよ。本当のトップはノートもけっこう良く分からないのも多いし、2番手のグループになると、綺麗に作るんですよね」

引用元

私も、他の人が見たら「なんじゃこりゃ」なノートを多く見てきた。なので、一部分では同意なのだが、どうも彼のこの言が多くの人に誤解を与えているようだ。

つまり、「1番優秀な層はノートや字が汚く、そういうものにこだわるのは2流」といった刷り込みだ。

字が上手な人と字が下手な人とでは前者の字が下手な人の方が多いだろう。そういう人にとって、「1番優秀な層はノートや字が汚い」というフレーズはまさに万の援軍を得たような心持ちだろう。

周囲の人や先生、上司等に「お前の字は汚くて読めない、きちんと綺麗に書け」と注意を受けたところで、逆に「自分が優秀であること」を確認できてしまう。自分の字にコンプレックスを持つことなく、ずっと気分よくいられるそんなライフハックだ。

字が下手派の自己肯定「海外の有名大学では、字の巧拙よりも中身を見る」

更に、字が下手な多くの層は自己肯定に余念がない。次は海外の傾向から自己肯定を始める

曰く、アメリカの有名大学に通う生徒の字は総じて汚いという特徴があるそうだ。

それは彼らの中には字の巧拙が教養を示すものであるという文化的背景が無いからであり、そういった字を自分の考えていることを整理し発展するための道具であると捉えていることから、字そのものの巧拙よりも、その中身の方を重視する

だからこそ、海外のレベルは高いのだ。対して、日本では字の汚い人はだらしがない人というレッテルが張られ、時に問題児扱いされてしまう。字の巧拙という表面上の事に捕われ、中身を磨くことをおろそかにしている日本は、海外に大きく後れを取っている・・・

大体、こんな論調で、自分の字の汚さを自己弁護している。

さて、ここまでの主張を整理すると

上手な字を書くことを良しとする日本の風習は時代遅れで、表面的なところしか見ておらず、肝心の中身が磨かれていない。

一方で、字が下手である(上手ではない)人は、本当に大切なこと、優先するべきことを理解しているから、学習の効率が良く、中身が鍛えられる

そんな印象を与える。しかし、ここまでに提示した例はフェアな例とはとても言えないものだ。

そこで、字の巧拙を巡る議論についてもう少し深めて考えたい。

字は何のためのもの?ノートは誰のためのもの?

非常に基礎的なことだが、字の巧拙を巡る議論ではここの整理がごちゃごちゃになっている人が多い。

字はそれを見た人に、「意味」を伝える為の道具だ。これは逆に見ると、見た人が意味を正しく理解できるのであれば字の役割を果たしていると言える

例えば、カレンダーに今月最後の土曜日にAさんとデートをするという予定を書くとする。

すると、カレンダーの最後の土曜日の欄に「Aさんとデート」などと書くと思うが、これを「♡」1文字で表現しても良い。「予定を書く」という行為が自分の為のものであり、自分が正しく理解できるのであれば「Aさん」や「デート」などという言葉を全て省略して「♡」の1文字に圧縮することに何の問題もない

繰り返すが、字や文はそれを見た人に「意味」を伝える為の道具だ。この道具は見る人が、自分自身なのか、他の人なのかによって使い分けなければ意味が無い

見る人間が自分自身である限り、そこは字の巧拙は全く関係の無い話なのだ。

しかし、字を人に意味を伝える為の道具として使う時、字の巧拙は重大な意味を持つ。

それは字が下手で「意味」を正しく伝えられない場合、字が果たすべき役割を果たしていないからだ。

悪筆、極まれり

次の例を考えよう。

さて、これはある数字を書いた物なのだがいったい何の数字を書いたものだろうか。

  • 「8」の上の部分がつながっていないものに見える。
  • 「0」の閉じている部分がずれているものにも見える。
  • 「6」の形が少々、いびつになっているようにも見える。

これ、正解は「2」だ。見たとき、キレそうになったがこういう悪筆もいる。

これは、字の役割を果たしていないものの1例に過ぎないが、こういった相手に意味が伝わらないようなものを「天才の証左」として大目に見ようという風潮が、一部の字が汚い層によって広がりつつある。しかし、悪い物は悪いと断固拒絶しなければならない

字が下手なことで起こりうる事故

字が下手な場合、事故が起こりうることも忘れてはいけない。

例えば、貰った発注書の字があまりに汚い場合、誤発注を発生させ会社に大損害を与えうる場合がある

上記の、東大理Ⅲに受かった学生についてだが、「理Ⅲなんてすごーい!」と喜んでいる場合ではない。理Ⅲは医学部のことだ。つまり、人の命を預かる現場で働く可能性のある人だ。そういう人の書く字が他の人が読めないという事実は、非常に恐ろしい事故を予見させる

凄惨な医療事故は定期的に起きており、そういう事故の多くはヒューマンエラーを要因としている。見間違い、注意力不足などだ。

わざわざ、字を汚く書いて事故の要因が増えようとしているのに、「天才の証左」などと言ってもてはやしている場合ではないはずだ。

字の巧拙を巡る指導

さて、字が下手であることで将来的に生じうる不利益が分かっている以上は、生徒・学生には字について適切な指導がなされるべきである。

そういった指導を学校でどのように行われているかを見渡すと、授業の後にノートを回収してそのノートの字の巧拙や纏め具合について先生がフィードバックを与えたり、あるいは評価の対象とすることで字を上手に書くこと、綺麗にまとめることへ誘導をしようとしている。

そう、指導者によってはノートを綺麗にとっているかどうかで授業をきちんと聞いているか、予習をしているかを測る尺度とし、それを以て評価の基礎とする場合があるのだ。

しかし、学習ノートは本来、自分の考えたこと、重要と考えたことを整理し「自分の為に」書くものであるはずだ。つまり、ノートの字は自分さえ読めれば良い。

であるにもかかわらず、ノートを回収してそれを評価の基礎としてしまうとノートの本来の目的を大きく逸脱し、「先生の為にまとめる」ことに目的がシフトしてしまう

ここに、「字は下手でも良いというスタンスの頭の良い層」と世間一般のずれが集約している。いや、この場合は「頭の良い生徒」ではなく「指導側(指導方法)」の問題である。

指導側が、「ノートは自分の学習の為」の物と理解しているのは相対的には優秀な進学校などに集まる傾向があり、「授業に参加しているかどうか」などと言った次元の低いことを評価の対象にしようとするのは想定的には落ちこぼれ校に見られる傾向だ。

結論は、授業に参加しているかをはかる上で、学習ノートの提出をさせるのは非合理を通りこし、悪習であると言わざるを得ない。

学習ノートは自分の為に書くのであるからその内容を先生が読めるかどうかは、授業の参加度、理解度を測る指標になりえない。加えて、個々人の理解力によってどこに重点を置くべきかは変わるのであるから、ノートの内容の充実度でも差など付けようがない。

評定を付ける上での基礎が欲しいということであれば、テストの点数のみで機械的に評価をする方がよほど公平である。そして、テストである以上は自分が読めれば良いなどという言い訳は通用しない。自分の理解度を相手に説明するのがテストであるのだから、テストの文字がきたないのなら、容赦なく減点すればよい。

そういった区別と評価をドライにすることが結局は、生徒の為になる。綺麗なノートづくりをすることへの努力を促すような指導は結局、学習の目的を歪ませる。

テストや論文は誰の為に書いた物か。ノートは誰のために作る物か。他人が読めない字を書くことの不利益とはどういうことかをいち早く自覚させることが重要だ。

字が下手だと将来的に仕事に支障をきたす

判読性の悪い字を書くことは将来的に非常に困る可能性がある。

例えば、今後はペーパーレス化が進み文字認識を多用したサービスが増えるだろう。

その時、字が下手な人はサービスをまともに受けられなくなる可能性がある。

何故なら、これまで汚い字を書いていても、読む人が察して補完してくれていたものが今後は機械的にそれを解釈することになる機械的というのはつまりは統計的にという意味だ。

今、はやりの「AI」にしても、結局のところ統計的な解釈をしているに過ぎない。

例えば、この「2」の文字にしても、統計的にこれを2と読める人は果たしてどの程度いるだろうか。統計的に読めるかどうかというのはつまるところ、その字が「普通に読めるかどうか」という事実に集約される。多くの人(学習データ)が、この字は「0」と読むのが妥当だと見なせば、この字は「0」と解釈される

教育現場などで、先のような汚い「2」を書いた子に「この字は汚すぎて、2と読むのは普通ではない」などのような言い方をすると非難を浴びるのだが、「普通」以外に言いようがないのだ。今後はますます、この傾向が加速する。「普通」の感覚が分からないと、「AI」や「機械学習」が一体何をしているのかすら理解ができないまま、社会から取り残される側に回る

そういう視点で見ると、「字が汚い人は天才かもしれない」という淡い期待は何とも馬鹿馬鹿しいファンタジーだ。字の巧拙、特に汚さが「天才性の証左」と見なす牧歌的な時代はいずれ過去の物になる。

本当の天才性

私にはむしろ、「字は人に伝わりさえすれば良い道具だ。だから、読めさえすれば字としての役割を果たしている」という考えのもと一切の癖を無くした機械的な字を書くようにする人の方がよほど「天才性」を見いだせる。自分の字の汚さに、自分のキャラクター性を持たせるような「無意味を通り越して馬鹿丸出しの行為」に価値を置かず、道具を道具として使い倒すことに専念できるのは実に天才的な感性だ。

ジョブズが作りたかったコンピュータ

一方で、Appleを創始したジョブズが作りたかったパソコンは「文字を美しく描画するパソコン」である点は興味深い。美しいことに価値を見出したからだ。

上記の、「海外の学生は文字の巧拙よりも中身を重視する」ことに照らし合わせると、ジョブズの感性は全くそれと異なっている。

にもかかわらず、ジョブズのパソコンは非常に多く売れた。これは、文字を美しく見せることの価値を市場が認めたという事でもある

「美しい字を書く(描画する)」ことには、それ自体に価値がありそれは万国共通の感性なのだ。

結局、字は綺麗に書くべきなのか

結論をまとめる。

まず、字を綺麗に書くことに価値を見出すのは日本のみの感性であるという主張は誤りである

それは、Appleが開発したコンピュータが至上にインパクトを与えた事実が示すように、美しい字が人に与える感動は世界中の人が持つ感性だからだ。従って、日本のみの感性であるから、グローバルスタンダードに合わせ字の巧拙は無視しようという風潮は誤りである

学習ノートは綺麗に書くべきであるかという問題については、本人が読めればどうでもよいという結論になる。学習ノートは自分が自分に向けて書くものだ。だから自分さえ読めれば良いのである。

学習ノートを学校の学習での評価の対象にするのは誤りである。これは、学習ノートの目的を歪ませることになるからである。生徒の字の巧拙の指導はテストや作文などの「他人が読むことを前提とした物」をベースにしなければ意味が無い。

しかし、字は綺麗に書くべきである。

これは、今後、字を読むのが「人」ではなく「機械」になる傾向が強まるからである。「機械」が読むということは、内部で統計的処理を行うということである。統計的処理というのはつまり、「人の普通」によって処理が行われるということである。

これは、著しく悪筆であるものにとってハンディを背負って生きて行くということでもある

人が社会生活を送る上で、あなたが書いた字を読むのが自分にせよ、他人にせよ、機械にせよ「下手で得する」ことは無い。結局、字を綺麗に書くことは「一番丸い(汎用性が高い)」リスクヘッジなのだ。

一部、自分の天才性の香りをまとう為に「字が下手であること」を開き直る輩がいるが、大衆の眼にはひたすら痛々しいだけだ。

なお、林修氏が例に挙げた「灘で成績の良い教え子は理Ⅲに行った」のくだりだが、他ならぬ灘の生徒から「字が美味くて成績の良い生徒は幾らでもいる」というツッコミを受けていることを申し添える

美しい字は、誰でも身に付けられる

字は綺麗(美しい)であるに越したことはない。それ故か、近年、パソコンの普及が進む中でも美しい字を書くということへのニーズは非常に高まっている。

例えば、この本には字を書く時に気を付けた方が良い要所などが非常にわかりやすくまとめられており、自分の字の悪いところを総点検するには格好の教材だ。

金曜日の会社帰りにふらっと購入して土日に自分の字とにらめっこするのも、良いだろう。自分の字が美しくなったことを実感できると妙な感動がある。この感動は、ジョブズのパソコンが示したように万国共通の感性であるようだからだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください