ハピタスポイント7500円分を現金に交換する【8月分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

これまで、様々な案件をこなしながらハピタスのポイントを営々と貯めてきたので一旦、現金に交換をする。今月の交換ポイントは7500円分。

交換

ハピタスのページに移動すると画面の右上が7546ポイント溜まっているのが確認できる。

交換先にはAmazonギフト等の利便性が高い物が幾つか用意されている。私は、今のところ現金への交換をメインにしている。交換のレートは、1ポイント=1円なのでとても分かりやすい。

そして、交換は100ポイント単位で行うため今月の交換は7500ポイント=7500円となる。

塵も積もれば

細々としたポイントではあるが、これを営々と貯めていくとそれなりに大きな力になる。

7500円では都内の1ヶ月分の家賃にもならないかもしれないが、1週間の食費にはなる。私にとっては、それがありがたい

こういった、ポイントを貯めて節約に励む活動を最近ではポイ活などと言うらしいが、まだしていない人には是非とも始めてほしいと思う。1度仕組みを作ってしまえば後はなぞるだけなので。

仕組みを作ってなぞるだけ、というのが一番楽

ハピタスを利用し始めてかなり経つが、要領よく使えばそれほど必死にならなくともポイントを貯めるのは容易だ。

ハピタスにはアンケートのページなどがあり、簡単なアンケートに答えるとポイントが貰えるのだが、実のところこのアンケートのポイントはそれほど美味くない

これは、1000円の価値、1時間の価値が人の年齢によって変わるので注意だ。

例えば、平日は仕事を持っていて、給料をちゃんと得ている人にとっては時間の価値の方がむしろ高い。そういう人は、時間をかけてアンケートに回答して10ポイント、20ポイントを貯めることに意味は無い。

しかし、例えば、これを読んでいるのが小学生、中学生くらいの子で自分でお金を稼ぐ手段に乏しいということであれば、お金の価値の方が高い。そういう人の場合は、こういったポイントも拾いに行った方が良いだろう。

話を本筋に戻すが、ハピタスで効率よくポイントを貯めようとするなら、アンケートは余り効率の良い方法ではない。費やす時間に対しての実入りが少なすぎる。

一番得なのは、口座開設やクレジットカードの発行だ。

クレジットカードであれば、1度発行して4000ポイントから7000ポイント程度は稼げるのでそれで発行し続ければ、それなりにお金を貯めることができる。

その後は、ポイントが付与されたことを確認してから、クレジットカードを解約してしまえば作業終了だ。

基本的に、クレジットカードは何枚も持ち歩くようなものではない。1枚で十分だ。

他のカードは家に置いておくことになるのだが、紛失したりすると怖いものだ。だから、発行してキャッシュバックを受けた後は、もう用済みなのでさっさと解約してしまうのが良い。

キャッシュバックを何に使えばよいのか

老婆心ながら、更に付け加えるとキャッシュバックを受けた後、何に使うか決めているだろうか。

生活費に充てる。至極、ごもっともで切実な話である。しかし、私はここで更にひと手間かけることを薦めたい。受けたキャッシュバックは金融資産に交換してしまった方が良い

ここで、本を1冊薦めたい。

とても分かりやすく、一気に読み進めることができる。

この本にも書かれているように、お金を手に入れて、それを直ぐに食べ物やぜいたく品と交換してしまうのは非常に勿体無い。お金を手に入れたら、そのお金で資産を購入する。その資産が生み出したお金を食べ物やぜいたく品と交換するのが良いだろう

食べ物やぜいたく品を交換するまで、我慢をすればするほど「資産」が増える。が、これはその人の生活状況を踏まえ出来る範囲で我慢をすればよいだろう。だが、1回も我慢しないというのは非常に勿体無いことだせめて、1回は我慢した方が良い

最も簡単な例

例えば、このブログでは頻繁に登場するみずほフィナンシャルグループに、また登場してもらおう。

これは、みずほフィナンシャルグループの株式の値段なのだが現在、1株196円で売買されている。

みずほ株は100株単位で購入するため、1度の取引には19600円が必要になる。

さて、みずほ株は配当を出している。この配当は1株につき7.5円だ。従って、100株購入した場合の配当は750円になる。そして、株式の配当には1年間で20%の税金がかかるため、手元にはその80%である600円が残る計算になる

この例では、みずほ株100株が資産であり、そこから受け取れる配当を食費やぜいたく品の購入に充てていくのが良いだろう。それが結局は、大きな節約につながる。

今、手元にある19600円を我慢して、配当600で我慢できるか。これが、節約の成功と失敗を分ける。

この、株式をどんどん購入していく元手の資産、それをハピタスを利用することで貯めてはどうだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください