【12冊目】ザ・パラドックス The Paradox

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビートたけしの「ザ・パラドックス」についての感想。

コマ大という番組から出た読本

私が大学生の頃に深夜枠で放送していた「たけしのコマネチ大学数学科」(途中でコマ大数学科に変更)から出た読本。

内容としては、放送の中で反響の大きかったものなどを主に取り上げている。

そして、書籍のタイトルの通りテーマはパラドックスということでそれに関係する話題について触れている。例えば、アキレスと亀、タイムマシン、モンティホールジレンマなどだ。

数学や論理パズルに興味のある人ならどれも目にしたことがあるだろう。

算数、数学に興味がある小学生、中学生くらいまでなら多分楽しめるが大学で数学を勉強している人にとっては初等的過ぎて面白くないかもしれない。気楽に読もう。

収録している問題、話題は少なめ

書店に並んでいる数学関連書籍、パズルブックなどからとっつきやすい問題を幾つか取り上げているという印象だ。たくさんの問題に触れたいのであればこの問題よりはイアン・スチュアートの本を購入した方が良いだろう。

昔を懐かしむ

私は、この番組を毎週見ていたのでその延長で購入した。なので、この本を読むのは実は2回目だ。今から8年くらい前の本ではあるが、結構内容を覚えているものだ。懐かしい思いで読むことができた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください