このブログの目的

このブログの目的

このブログは、資産を築くことをテーマにしています。

具体的には、6年間で1000万円の資産を築くことを目的としています。

ですが、同時にお金を「楽しく使うこと」もテーマにしています。

お金を沢山稼いで、全く使わなければ自然と溜まるよ」という考え方ではなく

お金を沢山稼いで、沢山使う」このことを大事にしたいと思っています。

美味しい物を食べに行く、風光明媚な観光地に旅行に行く、趣味を充実させる。

いずれも、人生を豊かに送ることに不可欠な要素だと思っています。

そして、豊かな生活を送るには「お金の知識」が非常に強力な武器となります。

 

お金の知識をつけることで何ができるようになるのか。

知識がもたらす一つ目の効用は「将来への不安を減らす」ことにあると思います。

日々、ひたいに汗して働いたお金をどのように管理していけばよいのか。

これについて、正しい知識を身に着けることで今、自分が何をするべきかがわかるようになります。

 

将来への不安の正体とは、今、自分が何をすべきかが分からないことであると私は考えています。

そして、今、自分が何をして備えるべきかの指針を与えるのが「正しい知識」なのです。

 

知識がもたらす二つ目の効用は「お金に煩わされない生活」が手に入ることです。

皮肉なことに、お金の知識が無い人が、お金の問題で日々頭を抱えて煩わされている生活を送って

お金の知識がある人が、結果的にはお金に煩わされない生活が手に入るようになるのです。

知識を得て、不安を取り除くシステムを構築することで結果としてお金に煩わされる生活から

脱却することができるのです。

 

1000万とはどういう数字なのか

私は現在(2016年1月)、27歳です。

お金に煩わされない生活を手に入れるために6年で1000万円を貯めることを目標としています。

現在、私は借りていた学費や学生特例で猶予されている国民年金などを支払わなければなりませんが

それらの返済も平行で行っていった上で、まず1000万円の資産を築くことを目標にしています。

 

1000万円がどういう数字なのかというと、

1000万円の資産が手元にあると、毎月の生活費の心配が不要になります。

 

今、大卒の月あたりの平均給料は20万程度ですが、

家賃、電気、水道、ガス、通信費、食費、交際費などの毎月否応無く出て行くお金があります。

会社からの補助にもよりますが、収入と支出はおおむねトントンといったところです。

「生きていけないことは無い。ただし、豊かであるという実感は得られない。」

気の持ちようではありますが、これが正直なところです。

しかし、1000万円という資産はこれらの毎月発生する費用をまるまる補えるだけの力があるのです。

だから、私はまず1000万円を貯めるのです。