数学科は頭がおかしい奴の巣窟なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

雑談でよく、大学の学部や所属しているクラブでその人のキャラクター付けがよくされる。

文学部は本ばかり読んでいる、テニスサークルは遊んでばかりいる、哲学科は人生捨ててる・・・

さて、数学科はどういうキャラ付けがされているかというと「頭がおかしい奴が集まる」

間違ってはいないが、正しくもない。まぁ、血液型性格診断のような物だからそれはそれで別に良い。

ちょっと自己紹介

さて、私は数学科を出て大学院に進み、そこでも数学をやって、就職をした後も毎日数字を扱っている。

そんな私から、数学科ってどういうところなのか。どういうことをしたらいいのかについて述べたい。

が、その前に注意だ。私は中学生の頃からずっと算数・数学ばかりをやってきた。

高校では数学以外の科目をやりたくないからというだけの理由で東工大附属に進み、数学のみならず電気やらプログラミングやらに触れて勉強することが楽しくなり、とうとう大学院までずっと数学ばかり勉強することとなってしまった。

何が言いたいのかと言うと、私は普通の人よりも数学に触れていた期間が長い。

なので、そういう人間のバイアスがかかっていると思っていただきたい。

この記事が対象としている人

もう1つ注意点。この記事はどういう人を対象にしているのかについて述べたい。

これは、今、高校生(あるいは中学生)で大学では数学を勉強したいけれど、どういうことをしたらいいのか、卒業した後の進路にはどういう選択肢があるのか、就職を考えたとき数学科は不利になるのではないか。

そういう不安を抱えている人に向けてのアドバイスができれば良いと考えて書いている。

何故なら、私自身がそういう不安を抱えて数学科に進み、就職をした後で気が付いたことがあるからだ。そういう人間だからこそ、これから数学科に進もうという人に言えることがある。

逆に読者として想定していないのは、数学の天才である人々だ。

つまりは、入学時点で既に頭角を現しており、将来は教授職に就き国内外を問わず数学の研究に従事することになるであろう層だ。

そういった、数学の第一線で戦うことになるであろう人に私から出来るアドバイスは無い。私が、そうでないからだ。

では、改めてこの記事の対象としている層について述べる。

大学に学問をするために入学し、卒業後は普通に就職をして生計を立てていくことを考えている数学が好きな普通の子。こういう人たちが対象となる。

数学は就職で不利か?

いきなりだが、一番気になるところだろうからまずはここから切り込みたい。

数学科は就職で不利だろうか?

度々、私のブログでも取り上げるテーマである就職という切り口から数学科を見てみよう。

まず、多くの人が勘違いしていることを指摘しよう。

「就職する時はどの学部も大差ない」

身もふたも無いことだが、これが事実だ。

無論、その学科に所属していることで期待される能力というのはある、が新卒(大学・大学院を卒業したての人のこと)にはそこまで過大な期待はしていないのも事実だ。

自分が興味のある数学科では自分の好きという気持ちや不安という感情が邪魔して冷静な分析ができないかもしれない。ここは法学部を例にとって考えてみよう。

例えばだが、法学部は就職をするときに司法試験に通っている必要はあるだろうか。

あるならあるで別に良いが、無くても別にかまわない。何故か?

例えば、企業は法律を順守して経営をするし、契約を交わすときや破られた時の訴訟などに法律家の存在は非常に重要になるだろう。しかし、逆に企業の立場で考えるとそんな重要な仕事は弁護士事務所などに依頼をしてベテランを金で雇う方がよほど確実だし経済的だ。

無論、会社内に法律に詳しい人がいるに越したことは無いが、結局、新卒が司法試験を通っているかどうかは企業にとってはそこまで重要ではないのだ。士業である以上、独占業務があるにはあるが、結局そういう名前を出すような業務は既に会社の中に資格を持った人が居てその人の名前が出るか、やはり外部に丸投げをする。新卒の出る幕ではない。

早くに資格を取れば、それだけ責任のある仕事が回ってくるのも早まるかもしれない。それに伴い、出世の道が開けるかもしれないし報酬も増えるかもしれない。それは確かだ。

しかし、それ以上に重要なのは、貴方が一緒に仕事ができる人かどうか?これに尽きる。

所謂、コミュニケーション能力と呼ばれるものでこの言葉にアレルギーがある人は多いが、これが一番重要なのだから仕方がない。感情的になってこの言葉を忌避していたら、どういう力が求められているのか分からないまま、高校、大学と時間が過ぎ去り一番大事な力を伸ばさないまま就職活動を始めることになる。

コミュニケーション能力について

このままでは抽象的過ぎるので、もう少し具体的に噛み砕いて説明をしよう。

小学校から大学までの間に付き合う人と、社会人になってから付き合う人の違いは何だろうか。何が変わるのだろうか。

1番大きな変化は、付き合う人の層が一気に広がるということだ。

大学までは、ある特定の分野に興味があるなどの共通項のある年齢も近しい層とだけ付き合っていれば良かったが、社会人になった後は共通項や年齢層などの広がりが大きくなる。

ともすると、初めて会う人、自分と利害関係にある人と円滑に付き合う事ができる能力が重要になる。

円滑に付き合うとは「仲良くする」という意味に限定されない。

時には誰かに何かをお願いして「やってもらう」能力、つまりは「依頼する力」も必要になる。そして、依頼した相手にハードなストレスを感じさせない気配りができているかなどの力も重要だ。

相手を恫喝して何かを「やってもらう」のでは、長期的に見て起業にとって良いとは言えないだろう。

コミュニケーション能力はそういった様々な力の総称なのだ。

間違っても、「上司に気に入られて、飲み会の盛り上げ役になる」だとか「飲み友達と毎日、うぇーい!する」だとか、そういったことを指しているのではない。

  • 締め切りをしっかり守れる人なのか
  • 約束を守れる人なのか
  • トラブルが発生した時に冷静に周りに相談できる人なのか
  • 上手に人に依頼することができる人なのか
  • 自分が上の立場に立った時に後から入ってきた人を上手に中に加えることができる人なのか

こういう力があるかを問うているのだ。そして、こういう力は一朝一夕には身につかない。

物心ついてから15年かけて身に付けていく力だ。

さて、本筋に戻ろう。数学科は就職に不利か

主題から離れてしまったようなので、もう1度話を本筋に戻そう。

数学科は就職に不利か、という問いについて。

答えは、数学科であることが不利に働くことは無い。例えば、資格の取得などを考える学生がいるが、これは就職においては本質ではない。

重要な仕事を、資格を持っているだけの新卒に任せるなどありえない。

資格はその仕事をやる上での能力があることを証明する手段の1つではあるが、会社で人と仕事をする上で最も重要な力はコミュニケーション能力だ。

コミュニケーション能力とは、節度ある人間関係を構築する総合的な能力のことで一朝一夕に身に付けることは出来ない。

なので、コミュニケーション能力を育むことができる環境に身を置けば、数学科であっても全く支障なく就職はできるし、コミュニケーション能力という単語にアレルギーを起こし、背を向けて大学生活を送れば、数学科であるかどうかに係らず就職は難しくなる。

数学科は就職に不利かという問題は、数学科はコミュニケーション能力を伸ばすことができる学部なのかという問題に帰着する。

数学科はキチンとコミュニケーション能力を伸ばすことができる学部である

数学科は1人で勉強することができるから、人付き合いが苦手ならお薦めかもという人が居るがナンセンスである。その理由は、先までに説明したとおりだ。

そもそも、1人で勉強するだけなら授業料を払ってまで大学に来る必要が無い。

勘違いしている人が多いのだが、講義に出て黙って授業を聞くだけの行為を「学問に打ち込む」とは言わないのだ。

さて、話を本筋に戻そう。コミュニケーション能力の伸ばし方について。

能力の伸ばし方で一番簡単なのは、「人と何かをする」ことだ。

私の例を挙げれば、私は同学年の学生数人に声をかけて輪講(りんこう)を行っていた。我々は自主ゼミと呼んでいたが。

さて、自主ゼミでは自分たちで決めた本を1冊、短期集中的に読み進めるといったことをしていた。

4月から7月までは前期の講義、10月から2月までは後期の講義があったので、その合間に自主ゼミを開講して本を1冊集中的に読み進めるという活動をしていたのだ。

良かった点も上手くいかなかった点もある。

良かった点は、長期休講中にサボり癖が付かなかったことだ。他の学生は遊んだりしている中、只管、数学三昧。朝9時に集まって、夜8時まで只管数学の輪講である。発表のスキルも見についたし、興味の赴くまま勉強することの楽しさを堪能した。

上手くいかなかったこともある。兎に角、ペースがハードなのである。

夜8時まで輪講をして、帰宅後、各人の担当した章の解説を考え資料を作り、翌朝に再び集まって輪講開始。このペースで輪講をするとですね、人が離れていくのですよ。このペースでも付いてきてくれたのは1人だけだった。

ぶっちゃけた話、長期休講中の自主ゼミの方が平時の講義よりもキツい位だった。このペースに慣れると、平時の講義が楽に感じるようになるのは嬉しい誤算だったか?

さて、聞いた限り、このエピソードはコミュニケーション能力不足がもたらした失敗談のようにも聞こえるが、結局、就職活動の時に「何故、失敗したのか」「どのように改善したのか」などをきちんと説明できれば良いので、失敗は失敗として受け止めてちゃんとメモを残しておくことが重要だ。

私の場合、ペースがエグ過ぎて人が離れてしまったので、少しペースを落とすことで参加者を何とか戻すことができた。

これから数学科に入る子に薦めたいこと

さて、私は学生時代に自主セミを開催して成功も失敗も経験した。

これから数学科に入る子には「自主ゼミ」ではなく「論文の執筆」を薦めたい。

これには幾つかの理由がある。

まず、自主ゼミや論文の執筆という活動は就職活動で対外的に説明する「学生時代に打ち込んだこと」の話のタネという側面があることを否定しない。

しかし、「自主ゼミ」では形に残らない上、対外的な評価に晒されないため、どうしても自己満足という印象を与えてしまう。一方で、「論文の執筆」であれば、形として残る上、上手くコンクールに出せれば、学部生としては十分な実績になる。その上、卒業研究でその内容のブラッシュアップということにすれば、就職活動が本格化する年になってから、かなり楽をすることも出来る。

多くの学生は、4年間の学部生活の間に論文を1本書けば十分だ。今では、研究を発表するだけで良しとするところもあり論文を書かない大学もあるという。

これは、数学科を卒業してから「自主ゼミ」ではなく「論文執筆」にするべきだったなと今でも後悔している反動でそう思っているのだが。

私としては、これから数学科に進む子には学部生の間に論文を2本書き上げることを目標に頑張ってほしいと思っている。

そして、論文の執筆をする際には必ず、教授のアドバイスを受けること。

理由は幾つかある。

まず、論文の書き方がそもそも分からないのだから、そのアドバイスを受ける必要がある。

研究の進め方についても、教えを乞う必要がある。

享受の時間を割いてもらって、教えを乞う以上、そこにコミュニケーションが発生する。これは、コミュニケーション能力向上のチャンスである。

論文の質の維持、自身の執筆能力の向上、コミュニケーション能力の向上。

3つの力を上げる為、チューターは必要だ。その為に授業料を払っているのだ、使い倒そう。

中間まとめ

さて、就職に不利かという切り口で数学科への進学を見たとき、コミュニケーション能力をキチンと伸ばせる活動をすれば、全く問題無く就職をすることができることを示した。

学生の本分は、学問に打ち込むことである。そして、その本分と就職活動が自然に繋がることが一番幸せなことだろう。

しかし、多くの学生は、講義に出席しておとなしく席に座っていることが「学問に打ち込む」ことだと勘違いしている。「学問に打ち込む」とは自主的な取り組みを指す。

私の場合は「自主ゼミ」だったが、より説得力があり自分の知的財産となるのは「論文の執筆」だ。

最初の論文は、内容が拙いものだろう。だが、多くの学生は学部生の間に論文を1本書くか書かないかという始末だ。学部生の間に論文を2本以上書けば、それだけで十分、学生生活を充実させていると言えるだろう。

「論文の執筆」においては、チューター役として教授の協力を仰ぐこと。

これによって、年齢が離れた目上の人と円滑にコミュニケーションをとる方法について学べる。

学部1年の頃からこういった取り組みをすれば、3年後期の就職活動が本格化するまでには、実績、コミュニケーション能力を申し分なく伸ばすことが可能だ。就職活動を不安に思う必要は無い。徹底的に学問に打ち込むことだ。

数学科の様子はどんな感じか

さて、就職活動という切り口で随分と長くなってしまったが、数学科の内部の様子について少し話そう。

数学科に多いのは高校時代、数学が得意でしたという子だ。こういう子は結構危ない。

色々なところで言われている事ではあるが、高校までの数学と大学からの数学は全く毛色が違う。

高校までの数学は辛うじて、具体的なイメージの沸く世界だ。数字を使って、微分や積分などを上手に計算できればそれで良かった。

大学からの数学は、終始、抽象的な世界だ。まず、数字が出てこなくなる。数学とは・・・

こんな言葉がある。

高校までの化学は、大学では物理になる。

高校までの物理は、大学では数学になる。

では、高校までの数学は大学では何になるか。

大学では、国語になる。

ということで、計算が得意だという子が大学に入って最初にお見舞いされるのは、論理、論理、論理の嵐。

大学数学を全く知らずに入った子は、前期が終わる前にドロップアウトする。

入学してから悲しみを背負う前に、大学数学を少し覗いてから授業についていけそうか判断すると良いだろう。

杉浦光男大先生の解析入門が「読める」なら、数学科の授業は問題なくついていけるだろう。

だが、解析入門が「もう、マジ無理」だったら数学科はやめておいた方が良いだろう。心を壊しかねない。

解析の内容は微分積分の話に通じるところがあり、高校数学でまだ分かり易いので試金石になってもらった。

なお、先の自主ゼミに最後までついてきてくれた子は、ただでさえ魔境である数学界における狂気の世界「ピュア・マス」に心奪われているヤベー奴だったという事を研究室選択の時に知った。

齋藤正彦大先生の数学の基礎は、「ピュア・マス」の入り口も入り口。読んで面白そうと感じたなら、ようこそ狂気の世界へ。そして、さようなら。

まとめると、計算が得意とか高校数学の延長のつもりで数学科に進むとマジで心を壊すので、先に上の本を手に取って、「読める」「大丈夫」と感じたなら、勇気を出して飛び込んできてほしい。

「無理」なら、引くのも勇気だ。高校で培った計算能力はどの学部に進んでもきっと役に立つ。

数学科は他に何をしているか

大学にも寄るところが大きいが、他にはプログラミングを扱うことが多い。

これは、数学とプログラミングの相性がすこぶる良いこともそうだが、社会の要請によるところも大きい。

とりあえずC言語を触るところが多いが、余力があればPythonの勉強をしておくと良いと個人的には思っている。数学の研究と相性がすこぶる良い言語だからだ。

余談だが、私は数学の研究でプログラミングによる実証実験も行っていたが、Pythonを選択する人は周りにはほとんどいなかった。異端の扱いを受けていたが、最近は市民権を得たようだ。

数学科は実験をしなくて良いというのは勘違い

少し勘違いを正しておこう。

数学科は実験をしなくてよいという人が居るが、これは誤っている。

とかく、近年の人工知能のブレイクによるところもあるが、数学の知見はIT技術に欠かすことのできないベースとなるものだ。

それ故に、実証実験は他の学部と同様に行うし、実験結果の評価も行う。

応用無しの座学だけで終わりというカリキュラムの大学であれば、あるいは実験が一切ないということもあるだろうが、学問に積極的に取り組む気が少しでもあるのなら、実証実験は自主的に行うべきだ。

単位を取るためだけに講義に出るという子供みたいなことはやめよう。やるからには全力で取り組むべきだ。

数学の書籍はどれもお高い

理学書全般に言えることだが、やはり書籍は高い。

学生時代は如何にして本を安く手に入れるかという事に血道をあげていたものだ。

浅い勉強だけしたければ、wikipediaを流し読みしていれば良いが、まことに残念なことに書籍1冊がもつ情報量に遥かに及ばないのが現状だ。

数学の入門を勉強したければ書籍から、応用発展を知りたければ論文に挑戦するのが良いだろう。

想像力がある人は数学の授業が楽しくて仕方がない

数学が面白くなり始めるのは、抽象的な議論のパターンが見え始めるころ。

その頃になると、文字と記号の連なりで絵が見えるようになってくる。そうなると、しめたもので数式を見たら絵が思い浮かぶようになる。数式からイメージが自然と沸いてくるようになる。

これが「勘が冴えてくる」という状態だと私は思っていて、授業は基本的にこの状態を維持できるようにして臨めば授業が楽しくなること請け合いである。

数学は金になる

「ピュア・マス」は知らんが、数学は金に直結する学問なのである。

アルゴリズムで特許を取る事例もあり、学生のころから金を得るチャンスがゴロゴロ転がっているのが非常に面白い。

とかく、近年では、人工知能への期待からその基幹技術の理解に数学の知見が大きな武器となることからも数学の素養のある学生の需要は非常に高い。

因みに私の選考は暗号や情報理論の分野でこれもまた、金になる分野なのである。

更に言うなら、Amazonを世界帝国と押し上げたロジスティクスも数学の力である。

急成長産業、急成長企業の裏には数学の力が働いている。

高GPAが取りやすい

GPAとはGrade Point Averageの略。講義の成績の平均のような物だ。

要するに、良い成績が取りやすいようになっているのだが、その理由は大体の講義がテスト1発勝負だったりするからだ。

なので、普段から勉強している学生にとっては何の苦もなく最高評価が貰えるので、普通にGPA4.0も取れる。

大まとめ

以上、数学科についてざっくばらんに語った。

数学科は近年の需要の高まりに反して余り人気の無い学部である。

それは、何をしているか分からない、何をしたらいいのか分からないという人が多いからだ。

数学科に入って何も打ち込んでこなかった人は、卒業した後、次に続こうという人にアドバイスをすることができない。だって、本人が何もしてこなかったのだから。

何かの参考にしてもらえればと思い、私は学部で打ち込んだことなどを明け透けに語った。

数学は応用を考えれば無限に応用可能なパワーを持つ学問だ。

暗号や情報理論を専攻していたという理由だけではなく、それは数学や今日、台頭している大企業の戦略の根幹をなしている技術・知見への理解へ考えを巡らせればその思いには自然にたどり着く。

そして、数学はどの企業に行っても応用が利く。

効率化、単純化、パターン化。

これは数学の十八番とするところだ。例えば、飲食店のフランチャイズ化。営業の戦略の立て方。

IT系でなければ数学を「使う機会が無い」

とんでもない、「使う気が無い」だけだ。

応用を自分で見つける喜び、パターンを見出す快感は数学の素養のある子が誰でも味わう事ができる。

是非とも、数学科に進んで、その面白さに触れてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください