【後半】GMOクリック証券の操作の仕方・取引の流れ【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXを始めたいのだけれど・・・

やったことのない人には、取引のイメージがいまいちピンとこないと思いますので、

実際の画面を通して、イメージをつかんでください。

前回は、入金までの手続きを説明いたしました。

もし、まだご覧になっていない方はそちらの記事からご参照ください。



いよいよFX取引開始!

では、いよいよFXを始めましょう。次の画面を見てください。

GMOFX手順1

FXneoのタブを押すと、次のような画面に移ります。

余力に先ほど入金した資金が反映されていることを確認して下さい。

USD/JPY や EUR/JPYなどの文字が並んでいますが、これは通貨のペアをあらわしています。

USD/JPYであれば、アメリカドルと日本円のペアのことであり

EUR/JPYであれば、ユーロと日本円のペアのことです。

 

GMOFX手順2

この画面にUSD/JPYの情報がまとめられています。

BID(売)とは、113.708円でドルを売るという意味です。

ASK(買)とは、113.711円でドルを買うという意味です。

0.3とは、スプレッドを意味します。スプレッドとは、言うなればFX会社への手数料のようなものと思ってください。

今、113.711円でドルを買っても、売るときにはスプレッドを挟んだ113.708円で売らないといけないので

この画面のままでは損をしてしまいます。

最低でも0.3銭(1000分の1円)値上がりしてから売らないと損をしてしまうということです。

H 113.960とは、今日の最高値のことです。今日、ドルについた最高値が113.960ということです。

L 113.236とは、今日の最安値のことです。今日、ドルについた最安値が113.236ということです。

前日比とは、前日と比べて何円値上がり(値下がり)したのかを意味します。

ここで比較しているのは、前日の終値(今日の開始値)と比較しています。

 

画像では前日比42とありますが、これは42円という意味ではなく42銭という意味なので勘違いをしないでください

前日比1000とあれば、これは1円を意味します。前日の終値と比較して1円値上がりしたという意味です

 

以上が購入にあたっての画面の情報です。

 

売買取引の簡単な説明

GMOクリック証券購入手順3

入金した後は、先の通貨ペアが沢山並んでいるトップページの下の方に表示されている

新規注文の画面を見ます。

「成行」というのは、たった今の価格で売り買いの注文を入れることです。

この瞬間ですと、売る場合は111.699ですし、買う場合は111.702となっています。

そして、取引数量の1×10000というのはどういう意味かというと

この場合は1万ドルを買う(売る)という意味になります。

どういうことかというと、FXでは1ドル、10ドルといった小さい単位での取引はしていません。

1万ドル、10万ドルといった単位で取引をしています。(SBIなどではもっと小さい単位で取引ができます)

さて、本来1万ドルを売るためにはこの時点での価格では

111.699×1万=1,116,990円必要なはずです。

ですが、FX取引ではレバレッジを利かせる事で、この必要な額よりも

少ない額で取引をすることができます。

GMOクリック証券の場合(他の多くの日本のFX業者でも)

4%の証拠金があればよしとしています。つまり先の例で言えば

4万4679円を用意すると、約111万円の取引をすることができるということです。

仮に、今

手元に10万円があり111.699で1万ドルの取引をしようとした場合

111.699×1万÷10万=11.1699倍のレバレッジである、と計算をします。

手元に10万円があり111.699で2万ドルの取引をしようとした場合

111.699×2万÷10万=22.3398倍のレバレッジである、と計算をします。

 

この説明で、証拠金、レバレッジの大まかなイメージは掴めたでしょうか?

 

証拠金というのは、FXで外貨を購入する際に

何か特別な手順で支払うお金なのかなと思っていた方がいらっしゃるかもしれませんが、

実際には預けたお金すべてが証拠金なのです。

レバレッジというのは、FXで外貨を購入する際に

自分で6倍、7倍と入力したら自動的に業者が何ドル分購入しますよと

表示されるようなものなのかなと思っていた方がいらっしゃるかもしれませんが、

実際には購入した外貨と預けたお金(証拠金)の比のことなのです。

 

人から説明を受けるときに、FXではレバレッジを設定して取引するんだよ。

みたいな説明を受けて、レバレッジを設定する画面なんてどこにあるんだよと

思っている方がいらっしゃるみたいですが、

レバレッジを設定するとは自分で外貨を購入する前に電卓を叩いて、自分で計算するという意味です


さて、2回に分けての説明になりましたが、以上がFXの取引の始め方です。

操作自体はものすごく簡単だったかと思います。

 

どのタイミングで購入すると勝率が高いのか?

儲からなくても良いから、4,5回「大負けしない」タイミングで売買がしたい!

そのような方は過去のエントリーをどうぞ参考になさってください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*