電気代節約の方法の基本 安くなる時間をねらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この間、電気代の節約について話をしていたときに完全に失念していたことがあった。

意識的に取り組むことで、電気代の節約につながると思うので紹介する。

電気代が安くなる時間帯について理解を深めること

電気料金の見直しの時には、こういったことを注意深く調べていたのにいざ契約をしてしまうと意識の外に行ってしまっていた。これは反省点である。

電気代は、平日と休日、昼間と夜間。時間帯によってどのくらい消費をするのかが違ってくる。平日の昼間などは会社勤めの人が多いのだから、電気の消費は少なくなるし、休日は夜間は逆に電気の消費は激しくなるだろう。

だから、消費の激しくなる時間帯に電気代が安くなるような契約をすることで、全体をとして節約に結びつくのである。

電気料金のプランの見直しをしていた時には、こういったことを加味して選んでいた。

ただ、これは特に何も意識せずとも結果として電気代が安くなるように仕掛けを作ったということに過ぎない。それはそれで節約効果があるので全然問題ないのだが、より意識して電気代が安くなる時間に電気を使うように誘導することで電気代をさらに下げることができるようになるということに、遅ればせながら気が付いた次第だ。

洗濯機はタイマーをセット

私はスマ電と契約しており、電気代が一番安くなるのは夜10時から翌朝8時までの間だ。

その間に、使用のピークを持ってくるようにすると電気代が安くなる。

例えば、洗濯機の使用時間について。

ついつい、夕方に使ってしまうのだが洗濯機を使うなら夜の10時以降にタイマーをセットしてそこでまとめて選択してしまうのが一番良い。

昔から、夜に洗濯機を回す主婦の人が多いのだがこれにはそういった理由がある。

何の気なしに、昼間や夕方に使用していた家電を夜の電気代が安くなる時間に回す工夫をすることで幾らか節約の効果があることだろう。身の回りの家電でもそういった使用ができないか検討することを薦める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください