通勤定期の購入の際にしておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

通勤定期や通学定期は定期的に購入する割と高価な出費だ。であれば、きちんと一番得な買い方をして節約に励んでもらいたい。

定期券の購入はクレジットカードですること

定期券の購入はひと昔前は現金のみしか受け付けていなかった。今でも年配の人の中には、銀行から5万円位を引き落として封筒に入れ、駅の窓口に並び現金払いで購入しようとしている。

定期券は既にクレジットカードでの購入が可能である。まず、このことを知ってほしい。

そして、定期券の購入は窓口に並ぶ必要は無い。券売機で定期券の継続を選択したらそこで手続きは終わる。

この2点を知っていれば、とりあえず定期券の購入で大損をすることは無い

定期券を購入したら次の購入が何時かをメモしておくこと

大体の人は、定期券の購入は4月と10月頃で期間は6ヶ月だと思う。

1度定期券を購入したら、次回以降は「新規」に購入ではなく「継続」を選択することで身分証明書の提示なり、通勤区間の説明なりの面倒な手続きを省略することができる。

しかし、半年後だと継続をすることを忘れてしまうことがある。

定期券なら毎日使うから忘れないと思うかもしれないが、定期券の継続を繰り返すと定期券の印字がかすれてきて字が見えなくなる毎日見る物こそ、注意深く見なくなる

なので、いっそ購入した直後にグーグルカレンダーのリマインダー機能を活用して定期券が切れる日を事前に知らせるように設定しておくと良い

定期券の継続購入は、定期券が切れる2週間前から購入可能になるのでリマインドは2週間前に設定しておくと無駄が無い

定期券の継続のスタートは何時

ただ、定期継続のタイミングは毎回少し考えるところだ。

というのも、定期券が切れるのが丁度金曜日だった場合、定期券の継続をすると土曜日スタートになる。

だが、土日は使わないこともままある為、少しもったいない気もする。であれば、敢えて土曜スタートではなく、少し間隔をあけて月曜日からで良いのではないかと考えてしまうのだ。

しかし、これはよくよく考えると杞憂である。

何故ならば、定期券は基本的に全額会社持ちである。とすると、これを、2日後ろにずらすことで節約されること等、基本的には何もない。

私は根が貧乏性であるのか、使わないのに購入するということに大分慎重になってしまう。

しかし、定期券については熟慮の結果、休日の期間分、後ろにずらすことのメリットは皆無であると結論付けた。私はもう、無意味に継続期間を空けたりはしない。

オートチャージの便利さが仇に

何故、こんなことを書いているのかというと、鉄道系のICカードには多くの場合オートチャージ機能が付いている。これは、ICカードの残高が不足していた場合、連携しているクレジットカードで自動的にチャージをしてくれるという機能なのだが、これが便利すぎて、定期で乗っているのか、チャージで乗っているのかが分からなくなることがある。

定期が有効である内は、定期が優先される。これが切れるとチャージから引き落とされる。

しかし、朝の忙しい時間などは意外と気が付かなかったりする。実は、会社の同僚が定期券の期間が切れていることに気が付かず、遠距離からの通勤であるにも関わらずしばらくの間、チャージで通勤をしたという大惨事があった。

これを聞いてから、定期の更新にはますます気を付けるようになった。

空き時間にスマホで出来る

もし、この記事をスマホで読んでいるのであれば、電車の待ち時間でも構わないので、グーグルカレンダーを活用して欲しい。ちょっとしたことではあるが、少しの工夫で事故が防げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください