ふるさと納税で徳島県佐那河内村からすだちポン酢セットが到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

昨年、徳島県佐那河内村にふるさと納税で寄付をし、返礼品としてすだちポン酢セットが贈られてきた。

何にでも合う

すだちポン酢セットを2セット受け取った。

すだちポン酢は、この季節だと豚肉のしゃぶしゃぶ、から揚げと活躍の場が多い。

そういった活躍の場を逸することなく、返礼品が到着してので嬉しい限りだ。有難く、使わせてもらおう。

年末のふるさと納税調整に便利

すだちポン酢セットは、3000円の寄付で1セット貰える。

これは、ふるさと納税の上限額が微妙に数千円余った時の調整に便利な額なので、この市町村を知っておくと調整に便利だ。

というのも、ふるさと納税における返礼品の還元率の上限を厳密に30%で切ろうという動きがあるのだ。

これは何を意味するかと言うと、1口当たりの寄付額を大きくすることで還元率を下げようとする動きが出てくる市町村が増えることを意味する。

1万円の寄付で4000円分の返礼品が貰える場合、還元率は40%になる。

2万円の寄付で6000円分の返礼品が貰える場合、還元率は30%になる。

さて、1口当たりの寄付額が増額すると、一般に、我々がふるさと納税の枠を使い切ろうとすると、使い切れずに余る枠が多くなる。

これまで、上限が3万5千円だったとしよう。

1万円の寄付で返礼品が貰えていたのならば、3口寄付すれば、残りは5千円になる。

それが、1口2万円になると、寄付は1口しかできず、1万5千円分枠が余ることになる。

そういった、残りの枠を上手に使いきるための調整用の市町村として徳島県佐那河内村は便利だ。

  • 1口あたりの寄付額が少額である為、使い勝手が良い。
  • 寄付を申し込んでから、返礼品の到着まで非常に速い。
  • 返礼品の使い勝手が良く、腐らない。

更に、ふるなびから寄付をすることができるのが良い。

ふるさと納税の黄金ルート

現時点でのふるさと納税黄金ルートを説明しておく。

黄金ルートは

ハピタス→ふるなび→市町村(徳島県佐那河内村)

このルートが一番、実入りが良い。

詳説しよう。

ハピタス

ふるなびをクリックして「ふるなび」のサイトに行く。そうすると、ふるさと納税で寄付した額の0.7%が、ハピタスポイントとして還元される。

徳島県佐那河内村のすだちポン酢セットの場合、1口3000円だから、21円分のポイント還元となる。この市町村は調整用で額が小さい為、効果が余り感じられないと思うが、他の寄付先でももちろん有効だ。

次に、ふるなび

ここで寄付をすると、寄付金額に対し1%のAmazonギフト券コードが貰える。

後は、寄付の際に1.5%以上の還元率であるクレジットカードを用いることで合計の還元率は

0.7%(ハピタス)+1%(ふるなび)+1.5%(クレカ)=3.2%

の還元率でふるさと納税をすることができる。

さて、ここで、ふるさと納税の上限額について触れよう。

大体平均年収サラリーマンの場合だと、ふるさと納税の上限額は約6万円程度になるのだが、これに先の還元率をかけると約2000円になるのである。

つまり、ふるさと納税は自己負担が2000円であるが、実は黄金ルートを活用することで、自己負担ほぼ0円でふるさと納税の返礼品を貰う事ができる。

上記のハピタス、ふるなび、クレカの還元率が変わらなければ、自己負担額ほぼ0円は今年も変わらないので、返礼品の旨味が多少下がったとしても、以前としてふるさと納税は非常に優れた財テクであることに変わりはない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。