2016年の締めにふるさと納税の上限一杯まで利用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12月の給料が先日支給されました。

これで、12月賞与も含め支払金額などの情報が出そろいましたので、ふるさと納税で控除される上限金額が正確に計算できるようになります。上限金額まで無駄なく使いきるために、さっそく計算をしましょう。

計算画面はふるさとチョイスが一番使いやすい

計算するために必要となる、給料の総支払額や社会保険料などの情報は給与所得の源泉徴収票にまとめられています。用意したら、ふるさとチョイスを利用して上限額をまず計算しましょう。

上限金額シミュレーションで手元の情報を入力しましょう。そうすると、上限金額が計算されます。

私の場合は、以下のようになりました。

手元の情報を正確に入力すると2016年の寄付上限予定金額が41,224円です。私はすでに20,000円寄付をしていますので、残り21,224円です。

 

もう1度、静岡県小山町へ寄付します

さて、今年はすでに小山町へ20,000円を寄付して4,000円分のサーティワン商品券を貰っていますが追加で20,000円分寄付してさらに4,000円分の商品券を貰うことにします。サーティワン商品券は有効期限が無いというのもポイントが高いですね。

結局今年は、2000円の自己負担でサーティワン商品券を8,000円分貰うことができました

ワンストップ納税を利用するのか確定申告をするのか

副収入が無い人は確定申告が不要ですので、ワンストップ納税をお願いしたら来年の住民税が減額されるという形でふるさと納税で寄付したお金が反映されます。

ですが、副収入がある人の場合は確定申告が必要となりますのでその場合は、ワンストップ納税をお願いしたとしても、ふるさと納税で寄付した金額などについて申告しなければなりません。そうしないと、来年の住民税にその額が反映されませんので、40,000円で8,000円のサーティワン商品券を買ったという結果に終わってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*