大阪府泉佐野市市長が総務省通知に納得できず。ふるさと納税撤退か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

高額な返礼品を採用している一部の市町村へ総務省が圧力をかけているが、それに対し泉佐野市市長が納得できないと不満を示した。ふるさと納税撤退もあり得るとのことだが。

地方をコントロールしたい官僚側との戦い

過度な返礼品が問題となっているふるさと納税の見直し議論が進む中、全国最多の135億円超の寄付を集めた大阪府泉佐野市の千代松大耕市長(45)が、25日までに時事通信のインタビューに応じた。総務省が返礼品を地場産品に限定するよう通知したことに対し、「地方分権の時代だと言いながら、特産品の内容を一方的に決める通知はおかしい。地方自治体の努力を踏みにじる行為だ」と不満を示した。

千代松市長は、ふるさと納税の見直し議論に関し「自治体がアイデアを出す努力の余地を残してもらいたい」と、自治体も加えた議論の場の設置を要請。地場産品以外の返礼品が制度の対象から除外された場合には、「ふるさと納税から撤退せざるを得ないと決断することもある」と述べた。
泉佐野市は、返礼品として、牛肉やビールなど全国各地の名産品約1000種類を用意し、2017年度の寄付額は135億3300万円。市長は「担当職員や事業者が寄付者のニーズを調査し、返礼品を用意した結果だ」と強調した。
返礼品には、市内の関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの航空券を購入できるポイントがある。総務省通知の地場産品からは外れるが、「関空を拠点とする企業のポイントだ。換金できず、転売防止策も取られている」と述べ、継続する考えだ。 引用:時事通信

まず、ふるさと納税の高額な返礼品については、賛成派と反対派の両方に目を通したうえで、私の立場は賛成派である。

賛成である理由

ふるさと納税は金の流れだけを言えば私が納めた住民税を別の市町村へ移す行為だ。

なので、ふるさと納税で他の市町村へ金が流れてしまうとより良いサービスを提供できなくなるという意見がある。

しかし、よりよいサービスとは何だろうか?

行政は税の公平負担、公平な分配を謳ってはいるが「公平」であることをきちんと示したことは無い。

例えば、子供の為に使います!育児施設を沢山作ります!と言えば、多くの人が賛同するだろう。しかし、子供のいない世帯にとってははっきり言ってそれは不公平負担だ。

子供は国の宝とも言う。なるほど、それも一理ある。ではその宝を育むのは誰なのだろうか。

20年経ち成人したらそれは宝は宝でなくなるのだろうか。宝を生み出すのはその大人たちであることを忘れてはいけない。

今から70年以上前。戦後、東京は焼け野原になった。しかし、その後ベビーブームなどで出生率が上がった頃、「子供」の為に育児施設を沢山作ったからそうなったのだろうか。

少し、主張がぼやけてきたから結論だけ言おう。

今の税金の使い方には大いに不満がある。行政サービスが提供できなくなると言うが、私はそれで構わない。むしろ、行政のサービス過多は、国民が本来自分で担うべき生きることの責任をぼやけさせる。

子供は自分の金と自分の家族が育てれば良いし、育児施設以外にも行政はやらないことをはっきりと決めるときが来ている。そのことを促す意味で、ふるさと納税には意味がある。

泉佐野市が撤退したら

現時点で、私は泉佐野市にふるさと納税による寄付をしていない。

だが、総務省が公開した高額返礼品を提供している市町村リストに泉佐野市と仲良く名前が載った市町村に寄付しているので、泉佐野市と同じ対応を取るかもしれないので少し警戒している。

そうなった場合に備えて、寄付先の市町村を改めて見繕う必要があるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください