年収300万円以下の派遣社員でもふるさと納税活用すべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

私の親戚に派遣社員がいる。彼女がふるさと納税に興味を持ったようで、いったいどのくらいの金額が上限として使えるのかを調べてみた。

早速、上限計算

以前、投稿した以下の内容に従いふるさと納税で自己負担2000円で寄付できる上限額を計算した。

>>今年からふるさと納税の寄付チャートを変更する

計算した結果、30000円が上限だと分かった。

給与明細によると支払金額は291万円程度なのだが、それでも30000円も利用できるのは意外だった。

さて、それでは佐賀県みやき町の返礼品を確認しよう。

ジェフグルメカード、品切れ

あぁ・・・来たるべき時が来たかといったところだ。

準備中と表記されてはいるけれども、多分、もう補充されないと見ている。

別のものを探してみよう。

コメダ珈琲のプリペイドカード4000円×3=12000円分が良いだろう。

2000円の自己負担で、10000円分のプリペイドカードが貰えるのでこれもまた、錬金術なのである。取られ過ぎた住民税を取り返しているだけなのだが。

結論

ふるさと納税は、正社員とか派遣社員とか関係なくお得に利用できる制度だ。

必ず活用するようにして、取られ過ぎた税金を何とか取り返そう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください