ふるさと納税をしたのに、住民税に反映されていないと思ったら更正の請求をしましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

給与所得等に係る住民税の決定を見てビックリ

今週、会社のほうから住民税の決定と変更の通知書が届いて

中身を確認したところ、ビックリする内容が記載されていました。

まず、「決定」の方では安い住民税が記載されていたのですが

「変更」の方では高い住民税が記載されていたのです。

 

え、どういうことだ?と思い、早速原因を調べてみました。

 

原因はおそらく「ふるさと納税のワンストップ納税への誤解」

「おそらく」とつけているのは、計算の結果と確定申告の内容から

推理した内容ですので、誰かが正解を教えてくれるわけではないからです。

 

ふるさと納税のワンストップ納税は、本来確定申告の必要の無い人が

寄付金控除を受ける際に、ふるさと納税を行った組合のほうで

手続きを済ませてくれるというものです。

 

なので、確定申告をする人は

それはそれできちんとふるさと納税をした旨、つまり寄付金の控除を

きちんと申請しなければならないのです。

 

「決定」の方ではワンストップ納税によって、きちんと住民税が安く計算されていたけれども、

確定申告の内容を見ると、こいつ寄付金控除の申請してないから

住民税を高く計算したれ、といった経緯であるようです。

 

更正の請求をしましょう

税務研究会によれば、寄付金の控除を失念していた場合でも

5年以内であれば、申請をすることで控除を受けることが出来るようです。

 

さて、控除を受けるために書類を提出しなければならないのですが

様式を税務署からダウンロードして提出するのが常道かと思われますが、

あえてまずは、区役所の窓口に相談するという手段をとりたいと思います。

 

とりあえず、用意する書類は

  • ふるさと納税をした際に受け取った寄付金受領証明書(念のためコピーをとっておく)
  • 去年と一昨年に提出した確定申告一式
  • 顔写真、名前、住所の分かる身分証明書
  • 印鑑
  • マイナンバーカード
  • 住民税の決定、変更通知書

これだけ持って行けば、どうにかなるかな・・・?

平日に時間を作って、区役所へ行ってきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

行動はハピタスから

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットでの活動は間にハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


現在は新規登録された方に100ポイントのプレゼントしていますので、どのポイントサイトをメインで使うか検討されている方は、ハピタスがどれだけ充実しているのか中身をチェックすると驚くと思います。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*