【思考実験】自分にとって都合の良い相手のミス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

相手のミスによって自分が利益を得ることがある。スポーツや将棋のような勝負の世界でなら、相手のミスを攻めて、勝利を目指すことはまったく持って正当化されるだろう。

それでは、銀行ATMの誤作動などについてはどうだろうか。

状況

銀行ATMから10万円を引き出すつもりだったが、払い戻し口には100万円が入っていた。しかし、預金通帳や明細書を確認すると、10万円だけを引き出したことになっている。

しばらくしたら銀行側から返金を求められるだろうと思い、そのまま放置していたが1ヶ月、3ヶ月、半年と経っても返金を求められることは無かった。

結局、転がり込んできた100万円を自分のものにしてしまった。しかし、やがて罪悪感に襲われることになる。これは窃盗ではないだろうか。

この100万円は誰かの口座から奪ったわけではない、銀行側もこういった事故に備えて保険に入っており、銀行側が扱う金額全体から考えると微々たる金額だろう。

そうして、100万円を自分のものにすることを正当化してしまう。

現実ではどの位の人が正直に返金するか

金額が大きすぎると、大体は自分から返してしまう人の方が多いように思われるが実際に正直に返金する人はそう多くは無いと思う。

それは道徳的か否かという話ではなく、私たちの善悪の線引きは度々都合よく変更しているということだ。

その線引きは人によって結構変わっている。

チャンスを活かす権利

冒頭でも挙げたように、勝負の世界であればミスをする方が100%悪いと思われる。

では、本人たちに責任の無いトラブルであればどうだろうか。体育館などの室内競技で、空調がおかしくなってしまい、非常に高温多湿の中協議をすることになってしまった。参加者には、寒い国の地方、熱い久野に地方の選手が沢山いて、高温多湿の環境に慣れた選手がいたとしよう。

その選手が、このトラブルを最大限活かす為に、高温多湿が苦手な国と戦う時に敢えて長期戦に持ち込みバテるのを待つ。そういう戦術をとった。さて、この選手は非難されるべきなのだろうか。

意見が割れるところかと思うが、私はこの選手は非難されるにあたらないと思う。

何故なら、自らのもとに転がり込んできたチャンスを最大限生かすための努力、戦略的判断をしただけだからだ。

人為的なミスであろうと、予測不可能なトラブルであろうとも、それが起きた結果として損をした人、得をした人が出るだろう。しかし、だからと言って得をした人が非難をされるいわれは無いと思っている。

ミスやトラブルに乗じて利益を得たときに、その利益を自主的に返納することを求める人がいるということは知ってはいるが、そういう期待をするのは大きな間違いだろう。

ジェイコム株大量誤発注事件

これは有名かもしれないが、ジェイコム株の大量誤発注事件に乗じて多額の利益をあげ一躍有名になった投資家がいる。BNF氏その人だ。

こういった誤発注に乗じて利益をあげることは責められることだろうか?

私の意見は、ここでも変わらない。誤発注によって株価が大きく動いたのであれば、これを活かして利益をあげるのは市場に参加している者の当然の権利だと思っている。

では、BNF氏にこの取引によって得た利益を返還することを求めるのは正当化されるだろうか?

誤発注をしたことは市場参加者には何の関係もない話だ。間違いだからやり直したい、という申し出は余りにも幼稚と言わざるを得ない。

他にも相手のミスとまでは言わないまでも、選択・判断が当方にとっては利益のあることだったという場面は沢山ある。例を幾つか挙げると、幕末の不平等条約の締結や最近だと慰安婦合意などだ。

あれは間違いだった、やりなおしをしたいというのが通用しない世界というものはある。

銀行ATMも同じ?

では、銀行ATMから払い戻された100万円を自分のものにする行為は正当化されるだろうか。

もし、わが身にそのような幸運が舞い込んだら喜んでしまうだろうが、正当化はされないと思っている。

これは、先までの話と矛盾してしまうようだが正当化しようとしている行為によってやはり区別するしかないのだと思う。

例えば、先のスポーツの話では、生じたトラブルを活かすことを正当化したいのはあくまで「勝負」という行為だ。

誤発注の話では、正当化したいのは「株の売買」という行為だ。

そして、銀行ATMの剣では、正当化したいのは「窃盗」という行為だ。

スポーツの勝負、株の売買などの行為は認められている行為だが、窃盗については認められていない犯罪行為だ。相手のミス、トラブルを犯罪行為を正当化させるための口実にすることは許されないと思っている。

路上駐車している車にキーが刺さったままだったとして、そのミスは持ち主のミスだから、車を盗むことは正当化されるかと言うとならない

会計を済ませていない商品を店の外に持ち出したとして、そのことに気が使ったのは店側のミスだから、その商品を自分のものにしてよいかというとならない

犯罪行為を正当化させるために、相手のミスやトラブルを理由にすることは許されるべきではないというのが私の考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。