ポイ活で月3万円を稼ぐことは可能か?具体的な手順を検証する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

ポイ活で月3万円を稼ぐという何とも景気の良い話が聞こえてくる。

それが嘘なのか本当なのか、本当なら具体的にどのように取り組めばそれは可能になるのかを検証してみよう。

前提条件

まず、原則の確認をしておく。

私が取り組んでいるポイ活は、総合的に見て自分の手元に残るお金が多くなるようにしている。

なので、ポイントを沢山手に入れることよりも出ていくお金が少なくなる方法があるのなら、そちらを優先する。

そして、出ていくお金が少なくなる方法について、「そもそも買わない」という方法での解決はしない

それでは、月3万円をポイ活で稼ぐことは可能か検証していこう。

家族構成について

実は、月3万円を稼ぐとは言っても、その家族構成によって大分状況が変わるのである。

支出がそもそも多い家は、当然、支払いを高還元率のクレカ1つにまとめるようにすれば、それだけで大きな節約効果がある。

例えば、クレジットカードの還元率は1.5%を下回るようなものは選んではいけないと、このブログでは繰り返し主張してきた。

そして、楽天カードなどの場合、実はクレカ会社が謳っているような高還元率にはならないことも重ねて説明してきている。

現状、最も還元率が優秀なクレカはp-one wizカードである。

さて、世帯の人数が4人の場合、1ヶ月の支出は約25万円程度。それが1年分だからかける12をして、300万円。p-one wizの還元率は1.5%だから4.5万円。

家庭からの支出をp-one wizに1本化するだけで、年間4.5万円の節約になる。

尤も、これだけでは、月3万円を稼ぐことにはならない。

月3万円を稼ぐという事は、年間で36万円を稼ぐという事だ。

クレカや店舗のポイントサービスなどをどれだけ駆使しても、還元率12%は絶対に達成できない。

従って、月3万円を稼ぐためには、支出の見直しを並行で進めることが必須条件になる。

家計最大のガン「通信費」

全ての国民は今こそ通信費の見直しをするべきなのです。(チコ並感)

ソフトバンクの場合、1人あたり1ヶ月に6000円以上通信費が発生する。

しかし、mineoに切り替えるだけで通信費は1ヶ月1000円に抑えることができる。

これだけで5000円×4人=2万円の節約になる。年間では24万円の節約である。

店やクレカをヒィヒィ言いながら還元率をどんなにあげようとしても、せいぜいが4%か5%止まりだ。

ところが、通信費の見直しの効果はそれだけで8%以上の節約効果がある。

覆面調査を月1のペースで入れる

今は、「ファンくる」が非常に強い。

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる

何が強いかと言うと、覆面調査は基本的には50%還元が相場なのだが、現在、100%案件が大量に放出されている。

100%案件とは、もうそのままの意味で取ればいい。覆面調査の案件を受けて食事をしたら、食事代が全部戻ってくる。

注意点は、覆面調査の案件には戻ってくる金額の上限が設定されているから、その上限を超えないようにする必要があるということ。

つまり、定期的に覆面調査の案件を入れるようにすれば、食費を丸ごと浮かせる事ができるようになる。

100%案件の多くは、2人以上で店に行きトータルで2000円程度が上限に設定されている。

そして、食事代は2000円を超えるようにしなければいけないので、2200円程度を目安に食事をするようにすれば、1食100円に節約することができる。

これは、4人家族の場合、中々使える方法ではないかもしれないから、今回の月3万円の検証では使えないが、一人暮らしの人や夫婦でポイ活に取り組もうとしている人は、ファンくるを使い倒すと節約効果が激烈に高まるのでお勧めだ。

電気代の見直し

まだ電気代のプラン見直しをしていない国民がいるはず無いが、念のため。

電気代の見直しは必須である。

>>電気料金を3万5千円節約することに成功!プランの見直しは大成功!

以前も述べたように、電気代のプラン見直しをするだけで、月5000円の節約効果がある。

最初のプラン切替は面倒かもしれないが、以後は何もすることが無いのでこれも楽な節約である。

年間で6万円の節約効果が見込めるので、通信費と合わせれば30万円の節約効果である。

クレカの発行案件をこなす

クレジットカードは1人の人間が複数枚発行しても良い。

クレカを発行するならハピタスだろうか。

クレジットカードを発行して、1回買い物をすることで1万円分相当のポイントが貰える。

私の場合、年に2,3枚発行してポイントを稼いでいる。トータルで2万円程度のプラスだ。

以上、トータルすると

普通に生活しているだけだと300万円の支出をしただけで終わりだ。

しかし、ポイ活をすることで、270万円の支出で、30万円が現金で残る。

クレカの発行で2万円を得て、p-one wizによって270万円の支出に1.5%ポイントが付くから、4万500円を得る。

トータルで36万500円を得た。見事、月3万円達成である。

月3万円の達成は超簡単

検証の結果、月3万円は工夫の余地が無いくらい簡単だ。

やったことを箇条書きすると

  • 通信費の見直し
  • 電気代の見直し
  • 年2回程度の、クレカ発行

これだけだ。初めだけ面倒だが効果がずっと続くという特徴がある為、いずれもまだやっていないという人は、直ぐに取り掛かることをお勧めする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください