今するべき財テクについてチャートで説明をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

同じ1万円の使い方を見ても、その使い方を少し工夫するだけで多くのサービスを受けられる人と、サービスをほとんど受けることができない人に分かれる。

どういう工夫をすることで、多くのサービスを受けることができるようになるのかについて解説をする。

「たくさんお金を払うと良いサービスを受けられる」は間違い

これは年配の人に多い価値観なのだが、お金は払えば払うほど良いサービスを受けることができるという信仰がある。若い人にはにわかには信じがたいことだと思うが、事実だ。

例えば、通信費。

ソフトバンクに1人当たり毎月1万円支払っている人に、同じサービスで月千円以下になるよという話をしても全く聞く耳を持たない。

曰く、いざという時の保証やサポートが充実している、だそうだ。

私はそのいざということがありメーカーや企業のサポートが実際のところ全くあてにならないということを知っているので、そんな価値の無い物によく大金を投じることができるなといつも思っている。やはり、年配の人はお金を沢山持っているのだ。

それに月千円以下の業者にしてもサポートは充実している。内容には全然差が無いのだが、本当に年配の人は聞く耳を一切持たない。

これは一種の信仰だ。信仰の自由は認められるべきだし、愚行権も認められるべきだ。だから、彼らが信じたい神を否定するつもりはない。

最後の審判で天国に行くために、毎月1万円を払う。それによって心の安寧を得ているのだから、外野がとやかくいう事ではない。

同じサービスならさっさと安い方にシフトする

それ故、この記事では安くできるのなら安くしたいという、カルトからの脱却をする方法を探している人に向けた記事だ。信じている神を否定された気持ちになったのなら申し訳ない。

今回脱却するべきカルトは「高額な通信費」だ。

脱却するメリットは、家計の支出を減らせる、減らした支出を別の物に充てることで生活の水準を挙げられるなど、枚挙にいとまがない。

例えば、毎月通信費に1万円を費やしている人と、通信費に千円を費やしている人がいる。

2人は同じ会社、同じ職場で同じ給料を貰っているものとしよう。

しかし、通信費を千円に抑えている人はそれだけ多くのサービスを受けることができる。

9千円で受けることができるサービスを列挙

1:AmazonPrimeVideo

これは、月額432円で様々な映画、ドラマ、アニメーション作品が見放題になるサービスだ。

有料チャンネルは他にも数多く存在しているが、その多くは月額500円以下に抑えられている

そして、こういった作品にはCMが入っていないため無駄な時間を省いてくれる。見たいときに見れば良いから、大容量のレコーダーを購入してそこに録画し、時間ができたときにまとめて見るというひと昔前のスタイルから、画面の大きなパソコン1台あれば何時でも楽しめるというご時世になっている。

2:エックスサーバー

これは、月額1200円で利用可能なレンタルサーバーだ。

サーバーを借りるなんて、大仰なことと思うかもしれないが、サーバーを借りることで出来るようになることはたくさんある。例えば、自分のブログを開設すること、大容量ファイルを保管する為のスペース、壊れてしまうと問題のあるデータを保存するためのスペース、ずっとアドレスの変わらないメールアドレスの発行等。

副業として自分で何かサービスを作り、それを提供するための基盤として使う事ができるので非常に応用がある。

3:PLURALSIGHT

これは、月額約3200円で利用可能なオンラインのIT技術学習プラットフォームだ。

テストを受けて自分の理解度に合わせて、学修のプログラムを受けることができる非常に画期的なサービスで好評を博している。

英語版しかないため、利用をためらう人もいるかもしれないが今後、日本語対応した場合は是非とも活用したいサービスだ。

4:雑誌の定期購読

電子書籍がかなり普及してきている昨今ではあるが、紙の書籍の人気は未だ健在だ。

雑誌は1誌あたりの値段は1000円以下が相場である。また、Newtonなどのような一部の雑誌では、定期購読をすることで特典が貰えるものもある

5:毎朝の野菜ジュース

私の職場の上司は、毎朝、ヤクルトレディからヤクルトを購入している。

それはさておき、朝食の代わりに野菜ジュースを飲むことは医師にも推奨されており、健康的でスリムな体型を維持することに一役買う。

平日の朝だけ購入するにしても、1ヶ月分で約1300円に抑えることができる。

6:毎週、Godivaのショコリキサー飲みながら散歩

私はGodivaのショコリキサーが好きなのだが、1杯約600円程度とやや値段が張る。

1ヶ月を4週間とすると、1ヶ月で大体2400円程度の支出になる

9千円で出来ることは本当に沢山ある

上で挙げた物は、私が好きな物、利用している物のごく一例だ。

毎週ショコリキサーなんて飲まないよ!というツッコミは尤もで、私だって毎週飲んでいるわけではない

言いたいのは、9千円というのはそれくらい大金なんだということ

毎月、1万円を通信費に充てている人は、細かいことを気にしない気前の良い人なのかもしれない

しかし、費を千円に抑えて、好きな映画を存分に見つつ、プログラミングのスキルを磨き、自分で新しいサービスを提供し、自分の健康に気を使って、週末に美味しい物を飲みながらリフレッシュしている後者の方がよほど日々が充実していると私は思う

私が提案したい財テク

ここでは、無駄な支出を抑えて、自分への投資へ切り替えることを提案したい

通信費に1万円を費やしても千円を費やしても受けることのできるサービスは同じだ。

なら、無意味なことにお金を投じるのは直ぐにやめるべきだ。

通信会社をmineoに切り替える

私の通信会社の遍歴を少し話すと

  1. vodafone
  2. ソフトバンク
  3. au
  4. mineo

の順番に推移していった。最初はmineoで月800円のプランを利用していたのだが、今は1410円のプランを利用している

通信費が激烈に安く抑えられるので、是非とも通信会社を切り替えるべきなのだがいかんせん手続きが良く分からないという人は多い

そこで、以下の手順をそのままなぞれば通信費をカットできるようにした。参考にしてほしい。

1:MNP予約番号を取得する

今契約している業者、softbankかauかdocomoだろう。その業者からMNP予約番号を取得しなければならない。

いずれの企業でも見られる傾向なのだが、MNP予約番号取得する時に物凄い抵抗にあう。自分の会社からよその会社に移るわけだから訳だから無理もないのだが、それ故、番号取得の手順が定期的に変えられどんどん分かり辛くなっている。

サイト検索でMNP予約番号と入力して、各自で番号の取得に努めてほしい。

なお、今使っている番号をmineoでも使うつもりが無い場合は、この手順は不要だ。MNP予約番号の取得ではなく、解約をすればよい

MNP予約番号が必要なのは今使っている携帯の番号をそのまま使いたい人の場合だ。

MNP予約番号を取得する場合、どこの企業でも手続きの代金として2000円程度を要求される。2000円払う価値のある番号であるならば、利用すればよいし、「番号変えました」とメールを送って済むのであれば2000円払う必要すらない

また、大手キャリア3社は悪名高き2年縛り4年縛りという制度で利用者を縛っている

これによって、利用者から搾り取る仕組みを作り上げているのだが、MNPでほかの会社に移るにせよ、解約するにせよ、「更新月」以外でそういった手続きをする場合、ペナルティを課してくる

ペナルティの金額は会社によるが、大体1万円程度が相場だ。私の場合、ペナルティを支払ってでもmineoに移った方が圧倒的に安く済むので支払ったが、更新月がいつであるのかを把握した方が良い。例えば、来月が更新月ということであれば、手続きは来月行うと良いだろう。

2:自分が使っているスマホのSIMカードの確認をする

格安キャリアには幾つかあるのだが、一番人気のあるmineoで考えよう。

mineoは先日、auとdocomoに加えてソフトバンクキャリアの回線も対応するようになった。

これによって、3大キャリアのどの会社からも移ってくるのに支障が無くなったのだ。

mineoに申し込みをする際に、SIMカードの大きさを確認しなければならない。

スマホを契約する時に、とても小さいチップのようなものをスマホの中に差し込んだことを覚えているだろうか。あのチップのことをSIMカードと呼ぶ。このSIMカードはsoftbank、au、docomo、mineoなどのキャリアが発行している物だ。

そして、mineoと契約するのだからmineoが発行するSIMカードをスマホに差し込む必要がある

であれば、mineoに私が使っているスマホのSIMカードのサイズはこれですよ、と伝える必要があるのは必然だろう。

SIMカードのサイズの調べ方はmineoのサイトで調べることができる。

動作確認端末一覧から選択すると大手キャリアの名前が出るので、今、契約しているキャリアを選択する。

自分の持っている端末を入力すると、こんな感じにで利用できるSIMが表示されるからこれを忘れないようにすること。

注意点は、ここで表示されるSIMに「au VoLTE対応SIM」と表示された場合、auでSIMロック解除という処理を行う必要があるということ一部のサイトで、SIMロック解除不要と説明しているところがあるが誤りなので注意すること。

この手続きも超絶繁雑ではあるが、頑張ってSIMロックを解除しよう。手数料として3000円取られるが、やはり払ってでも契約会社を移った方が安く済む

3:mineoに申し込みをしよう

mineoのページに移り、IDを発行して契約手続きを済ませよう。

MNP予約番号、発行するSIMカードのサイズの確認が済んでいることを再度確認してほしい。

料金プランは最も安い物で700円。音声通話をするのであれば、1310円だ。

手続きは、これだけだ。

実際にやると繁雑なことは何もない

短くて拍子抜けしてしまうかもしれないが、本当にこれだけなのだ。さっさと、無駄遣いをやめて生活を充実させて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

節約の基本はハピタス活用から始めるのが簡単

書籍の購入、資料の請求、契約の見直し、クレジットカードの発行などは店頭よりもインターネットを経由した方が特典が豊富です。

インターネットを利用して買い物をするなら、ハピタスを経由するようにすると、各企業が提供しているポイントや特典の他にもハピタスからのポイントバックを受けることができます。私がハピタスを愛用している理由として

  • 登録無料

  • 交換レートが1ポイント=1円のレートで300ポイントから交換可能

  • 換金の手数料が無料

  • ウェブサイトが非常にシンプル


新規登録された方に100ポイントのプレゼントしています。

ハピタス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください